頭頂部の赤みは薄毛の危険信号!4つのポイントで健康頭皮になろう!

頭頂部に赤みがあるのは頭皮の危険信号

頭皮の頭頂部が赤くなっている方は、抜け毛が著しく気になっている事ありませんか。
30代を過ぎると、髪の毛のボリュームダウンに気付き、ふと確認すると頭皮が赤くなっている場合があります。

 

抜け毛や薄毛の心配がない方の頭皮は、白かそれに近い色です。
子供や髪の毛がフサフサな人の頭皮を見て確認すると、どの人も頭皮は真っ白に近い色です。
頭皮が赤くなっている方は、かゆみが起きている事が大半であり、薄毛の前兆です。

 

頭皮が赤くなってしまう事には、様々な原因があります。
どの原因に当てはまるのかにより、対処法も変わっていきます。
適切な原因とケアで、頭皮赤みを改善させましょう。

恐ろしい頭皮赤み ① シャンプーや整髪料の使用後に頭皮が赤くなる場合

普段は白色の頭皮なのに、シャンプーや整髪料を使った後に頭皮が赤くなってしまう場合があります。
この場合、シャンプーや整髪料が頭皮に合っていない可能性があります。
シャンプー整髪料に含まれている洗浄成分等が地肌に合わない事で、赤みを発生させてしまいます。

 

シャンプーや整髪料を後に頭皮が赤くなってしまう場合は、使っているシャンプーや整髪料の使用を中止しましょう。
その時、シャンプーや整髪料に含まれている成分を把握し、同じものを使わないようにすると、赤みを避ける事が出来ますよ。

 

シャンプーや整髪料に含まれている、頭皮に刺激を与える恐れがある成分は、合成界面活性剤、発泡剤、防腐剤、紫外線吸収剤、香料、鉱物油、着色料、酸化防止剤等があります。
これらの成分は、市販で売られている有名どころのシャンプーに、多く配合されている傾向があります。

 

恐ろしい頭皮赤み ② シャンプー等で頭皮が赤くなる以前から赤い場合

シャンプー等の化学的な要素で赤くなったのではなく、元から頭皮が赤い方も居ます。
日差しの強い時期であれば、日焼けの可能性があります。
しかし、日焼け等の要素が全くないのに頭皮が赤い場合は、頭皮の血行が悪い場合が考えられるので、要注意です。

 

頭皮の血行が良くない原因は様々ですが、出来る事のケアとして、まずは生活習慣と食生活の改善を行ってみましょう。

 

 

生活習慣の改善

生活習慣の改善とは、不規則なリズムで過ごさない事です。生活のリズムが崩れてしまうと、健康な体にならなくなってしまうので、頭皮も不健康になってしまいます。体内の修正をする為には、生活習慣のリズムを整えましょう。

 

・遅くまでパソコンはTVを観ない
・寝る時間は一定に
・22時~2時のゴールデンタイムには熟睡をする
・決まった時間に食事を取る(朝食は必ず食べる)
・ファストフードや外食、コンビニ弁当は控える
・湯船に浸かる
・早寝早起き

 

食生活の改善

頭皮状態を良くする為には、血行を良くする事です。
血行不良では健康な頭皮が作られないので、頭皮の赤みを改善させる事は出来ません。
血行を良くする為の食事内容に、改善しましょう。

 

血液をサラサラにする食べ物は、ビタミンEを多く含む食べ物です。
かつお、さば、さんま、植物油、アーモンド、ヒマワリの種、小麦胚芽、サツマイモ、きなこ、ナッツ類等があります。
積極的に、毎日の献立に取り入れてみましょう。

恐ろしい頭皮赤み ③ 半身浴で頭皮赤み改善

血行促進で頭皮の赤みを改善させる為に、半身浴で代謝を高めて血行を良くしましょう。
女性なら、半身浴はダイエットに繋がるので、是非チャレンジしてみましょう。

 

毎日30分ほど、頑張って入ってみましょう。
自分の体温より低めの、ぬるま湯に浸かるようにしましょう。
お風呂の蓋を自分の体まで閉めると、その上で本を読んだりできるので、30分はあっという間ですよ。
汗だくになるまで、頑張ってチャレンジしてみましょう。

 

半身浴をする事で、2週間ほどで頭皮の赤みが徐々に改善されたという方がいます。
個人差があるので確実な事は言えませんが、体にもいいのでオススメですよ。

恐ろしい頭皮赤み ④ 赤みが著しく酷い場合は

頭皮の赤みがかなりひどい場合は、専門の病院で診てもらう事も考えなくてはいけません。
赤みは炎症が起きている証拠であり、あまりにもひどい場合は皮膚疾患の前兆の場合があります。
自分では対処しきれない状態と解ったら、お医者さんに相談しましょう。

 

頭皮状態が酷いのに頑張って自己ケアをした結果、更なる悪化に結び付けてしまう可能性もありますので、恐ろしい事になってしまう事もあります。
1番避けたいのが、抜け毛や薄毛を促進させてしまう事です。
薄毛や抜け毛を悪化させない為に、専門家の手を借りる判断も慎重に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA