美肌は簡単スキンケアで叶う!すっぴん美肌の2つの法則

毎日のスキンケアは美肌を目指すには欠かせないことですが、

ただ何となく使っているということはありませんか?
いくら良いスキンケア商品も、お手入れ方法を間違うとあまり効果的でない場合もあります。
すっぴん美肌を目指すためのポイントや、法則を知っておきましょう。
おすすめのスキンケア商品もご紹介します。

 

 

 

美肌を目指すなら、スキンケアのやり過ぎに注意!

実は肌には本来自然な回復能力があることはご存知でしたか?
自力で肌を治癒する能力はスキンケアのやり過ぎ

つまり肌を甘やかせることで育たなくなってしまいます。
肌には肌バリア機能が備わっています。
なのに過剰なスキンケアによってバリア機能が破壊され、

ターンオーバーがうまく正常しなくなってしまうのです。
例えばどんなやり過ぎがあるのか、見てみましょう。

 

洗顔のし過ぎ

肌が油っぽい、清潔にしておきたいからと顔を洗いすぎるのは良くありません。
顔には自然の保湿力であるセラミドがありますが、洗顔し過ぎによって必要なセラミドが洗い流されてしまいます。
また洗顔は顔をこするので、その刺激によっても肌が傷つきます。
さらに熱いお湯や、冷たすぎる水で肌に刺激を与えすぎるのもNGな洗顔方法です。
皮脂は足りないと感じれば、余計に出そうと頑張ってしまうので逆に過剰分泌の原因にもなります。

保湿し過ぎ

たくさん化粧水やクリームを使えば、その分浸透力が上がるというのは間違いです。
肌に入れる成分の量は決まっており、保水しておけるのもある程度の量です。
意味が無いだけでなく、余分な化粧水が蒸発する際に本来必要な肌の水分まで持っていってしまうのです。
結果さらなる乾燥を招くことにもなりかねません。
顔のパックやマスクなども、大体の時間が書かれていますよね?
あれは顔の乾燥を防ぐために時間を置きすぎないことを伝えているのです。

栄養を与えすぎ

スキンケアには色々な美容液や美容クリームがありますが、それもつけすぎると肌が苦しくなります。
肌は寝ている間に新陳代謝が行われ、老廃物が排出されています。
それが美容液のやり過ぎで、肌が息苦しくなりターンオーバーがうまくいかなくなるのです。
自然回復能力も衰えてしまうので、栄養の与えすぎには注意です。

ピーリングのやり過ぎ

角質ケアは追い付かないターンオーバーをサポートしたり、

毛穴に詰まった黒ずみケアに欠かせないスキンケアです。
しかし角質ケアもやり過ぎると、肌を傷つけるだけになってしまいます。
角質ケアをやり過ぎると、未熟な角質を肌表面にあげることになり、乾燥を招いてしまいます。
ピーリングのアイテムに書かれている通りの頻度で行い、

肌が敏感になっている時はあえてしないように気を付けましょう。

すっぴん美肌をかなえる、スキンケアのポイントは2つ

すっぴん美肌を手に入れるためのポイントは、色々あります。
最も重要なのはズバリ乾燥対策ができることと、紫外線による肌老化から肌を守ることです。
年齢別だと色々な自分に合ったスキンケアを行えばよいのですが、この2つのポイントもケアできるスキンケアを見つけてください。

保湿はスキンケアの基本であり一番の重要ポイント

お肌にある水分を保っているのは3つあります。

★皮脂
★天然保湿因子
★セラミドなどの細胞間脂質

この3つが互いにサポートをしながら、私たちの肌を守ってくれます。
中でもセラミドは、なんと角質層の約80%もの水分を守る重要な保湿成分なのです。
不足すると肌のキメはなくなり、ガサガサした乾燥肌になってしまいます。
いつも肌の水分が20%から30%の状態をキープするには、外からの水分や油分の保湿が重要となってくるわけです。
肌が乾燥していると、新陳代謝が乱れます。
新陳代謝がうまくいかないと自己の肌バリア機能も低下し、ますます肌の乾燥を招くという悪循環が起きます。
しっかり保湿ができるスキンケアを行いましょう。

肌老化は色々なところからやってくる

肌が老化すると、シミやシワ、肌のたるみといった年齢肌の悩みが増えます。
肌の老化を進ませてしまう原因は、紫外線が特に悪影響を与えますが、それだけではありません。

★紫外線のダメージ
★活性酸素が増えすぎる生活習慣や食生活
★乾燥による老化
★老化を招く糖化現象

肌の老化を促す約9割とも言われているのが紫外線による肌へのダメージです。
残りの1割が自然な老化現象と言われているので、紫外線対策がどれほど大事か分かるでしょう。
紫外線は浴びるとメラニン色素を生成し、シミや肌の弾力低下など老化現象を引き起こします。
また紫外線によって体内に活性酸素が増えると正常な細胞を錆びさせてしまいます。
結果、肌はもちろん白髪など体全体の老化現象も引き起こしてしまいます。
他にも先ほど述べた乾燥や糖分の取り過ぎで肌が焦げる、糖化も肌老化の原因になります。

美肌というのはキメが整った肌なので、肌のキメを整えるには保湿と紫外線などによる肌老化を防ぐという2つが大切なのです。

スキンケアを減らすことも考えてみる

よく芸能人の女性が、美肌のために行っていることは何もないんです、なんてテレビでコメントしていたりしますね。
実は肌の状態が良い人ほどシンプルなスキンケアを行っている、という人が多い話もあるのです。

シンプルスキンケアが美肌の理由

スキンケアがシンプルなのに、美肌になれる理由として2つのポイントがあります。

★肌を修復する機能を持っている
★肌への刺激や摩擦が少ない

元々肌は自己回復能力が備わっていますので、何もしなくとも回復する能力があります。
しかしスキンケアを何種類もつけると、毎日何個もつけないと健康を保てない肌、になってしまうのです。
もう一つはシンプルなスキンケアの方が、肌への刺激が少ないからという理由があります。
1回のスキンケアで肌を何度もこする必要がありませんから、肌が傷つきませんよね。
少しの期間ならそんなに差は出なくとも、5年10年と経つと回数にするとかなりの差が出てくるはずです。

どうやって減らしていけばよいの?

今まで過剰なケアを行ってきた人は、最終的に4つのスキンケアに絞りましょう。

★クレンジング
★美容液
★化粧水
★クリーム

いきなりやると肌がびっくりしますので、肌の状態を観察しながらスキンケアを減らすことがポイントですよ。
例えば上記のシンプルなスキンケアに、パックやアイクリーム、ふきとり化粧水なども毎日使っていたとします。
今まで全部行ってきた人は、毎日の肌の状態を見て必要な時にだけ行うようにしてみましょう。

 

★外出時間が長く乾燥が気になる日
★基本4点にプラスアイクリームやナイトクリームを増やす

★メイクが濃い日
★クレンジングに石鹸を足す

★肌の調子が良い日
★クレンジングからクリームまでの基本4点のみにする

 

このように肌の状態に合わせてスキンケアを行っていくのです。
毎日過剰なケアをしてきた場合は慣れるまで分かりにくいですが、ずっと観察していくと肌の状態が分かるようになります。
スキンケアのポイントである紫外線などによる肌老化防止と保湿を考えながら、シンプルなスキンケアに切り替えていきましょう。

 

美肌スキンケアには保湿成分「セラミド」が欠かせない

スキンケアのポイントでもお伝えしましたが、

水分がきちんと保持された健康な肌を保つのに欠かせない成分がセラミドです。
肌がきちんと保湿されていると、乾燥はもちろん外部刺激から肌を守ったり、正常なターンオーバーを保つことができます。
セラミドが肌から少なくなると、肌バリア機能も低くなるので外部刺激に弱くなり、敏感肌になります。
セラミドを肌に保つためには、セラミドが含まれた化粧品を使うのが良いでしょう。
また自分でセラミドを生産する力をアップさせてくれる保湿成分ライスパワーNO.11についてご紹介します。

選ぶならヒト型セラミドがおすすめ

セラミドには様々な種類があります。

★ヒト型セラミド
★天然セラミド
★植物性セラミド
★合成セラミド

同じセラミドでもセラミドの由来が違うだけで、こんなにも種類があります。
中でもヒト型セラミドは、人の持っているセラミドに構造が似ていると言われているセラミドです。
親和性が高く、アレルギーを起こしにくいのでおすすめのセラミドです。
親和性が高いヒト型セラミドは、浸透力も保湿力も兼ね備えています。

ライスパワーNO.11を使用しよう

ライスパワーNO.11とは、厚生労働省が有効成分として認めた成分です。
肌に備わっている保水力を高めることができると、唯一認められた成分なのです。
つまり外からセラミドを補うことも大事ですが、自身の肌でセラミドを生産する能力をあげれば自然回復能力もアップしますよね。
外の力に頼らなくても、自分で水分保持機能をアップさせることができるという訳です。
この成分が含まれている化粧水は、有効成分なので医薬部外品または医薬品として販売されています。
ライスパワーNO.11はお米から作られた成分で、酒造メーカーである勇心酒造が研究の末見つけました。
今では販売されている数々の化粧水に使われています。

 

すっぴん美肌を叶える♪おすすめのスキンケア化粧品

すっぴん美肌のためには、シンプルなスキンケアとセラミドが大切だとお伝えしてきました。
そこで美肌を目指すためのケアができる、セラミドが含まれたおすすめの化粧品をランキング形式にまとめました。
話題を集めており、人気のある化粧品なので参考にしてください。

1位 米肌

〇特徴〇

肌には角質に水分を保つ性能がありますが、それをライスパワーNO.11の力で引き出すことができるのが米肌です。
特にキメを潤すことで、見目も麗しくというのをコンセプトにした商品です。
ベーシックラインは石鹸と化粧水、そしてクリームのシンプルなスキンケアラインです。
スペシャルケアとしてエッセンスやジェルクリーム、マスクが選べます。
ライスパワーNO.11が含まれており、とろみのある化粧水で肌にしっとりと浸透するような化粧水です。
クリームもこっくりした重めのクリームが化粧水や美容液をしっかりと閉じ込めてくれます。

トライアルセットはこちら↓

2位 アヤナス

〇特徴〇

ライースリペアはライスパワーNO.11を研究開発した勇心酒造が販売している、ライスパワー本家本元のメーカーです。
今も10年後も美しい肌を、をコンセプトに作られた化粧水、美容液、そしてクリームが基本3点になります。
くすみのない明るい肌やハリのある弾んだ肌、そして透明感のあるツヤ肌を目指すことが可能なアンチエイジングケアができます。
とろみがあるのにベタベタせず、肌に浸透してくれると人気な化粧水です。
また肌に刺激があまりないので、敏感肌にも優しくなっています。

トライアルセットはこちら↓

3位 ライースリペア

〇特徴〇

見えないストレスによって、引き起こされる様々な肌トラブルにおすすめなのがアヤナスです。
ストレスによる角質ダメージは、エイジングを加速させてしまいます。
そんなお疲れ肌に、リラックス効果のある香りの化粧水が癒してくれます。
通常のセラミドの約20分の1のサイズにしたセラミドが、素早く肌に浸透してくれます。
セラミドは人との親和性が高い、ヒト型セラミドを使用しています。

トライアルセットはこちら↓

4位 エトヴォス

 

〇特徴〇

エトヴォスのバイタライジングローションには、ヒト型セラミドが「5種類」も配合されています。
他にも肌細胞のターンオーバーを助ける成分や、ヒアルロン酸などの保湿成分も含まれています。
とろみのある化粧水で伸びもよく、もちっとした使い心地が話題になっています。

トライアルセットはこちら↓

5位 ヒフミド

〇特徴〇

ヒフミドはヒト型セラミド1・2・3を配合した、エッセンローションです。
エタノールや防腐剤は使用しておらず、無香料なので敏感肌の人でも安心して使えるのが特徴です。
とろみはありますが軽い使用感なので、ベタベタが苦手な人でも気軽に使用できます。

トライアルセットはこちら↓

 

美肌を目指すには、種類の多いスキンケアばかりを行うのではなく、

簡単なシンプルスキンケアでも目指せることが分かりましたね。
過剰なケアは肌の自己回復力を低下させるのでNGなのです。
また水分保持機能をあげさせてくれる化粧品を使い、肌のセラミド生産をアップさせることが大切です。
保湿と紫外線対策をメインにしっかりとアンチエイジングを行ってくれる、正しいスキンケアですっぴん美肌を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*