乾燥肌にセラミドは必須!セラミドってどんな成分なの?

乾燥肌の方は、肌内部のセラミドが足りなくなっていることが要因の一つです。
肌の潤いを保ったり刺激から肌を守るなど、セラミドの存在は肌の状態に大きく影響します。
ここではセラミドの成分や肌への影響について詳しくまとめました。

 

 

乾燥肌に欠かせない成分「セラミド」とは?

人間の肌には、水分を保持しておくための保湿成分が備わっています。
コラーゲンやヒアルロン酸など、化粧品に含まれている成分として知られるものも、元々体の中で生成されているのです。
セラミドも同じく、肌の内部に元々存在する保湿成分です。

セラミドが存在する場所、それは角質層です。
人の肌はいくつかの層で成り立っていますが、その一番表面にあるのが角質層で、薄さは約0.02ミリとなります。
この薄い層でセラミドをはじめとした保湿成分が潤いを保ったり、外部からのダメージから肌を守るバリア機能の役割をして守っているのです。

角質層にあるセラミドは、細胞間脂質と言われています。
この細胞間脂質は、潤いを抱え込む役割のある天然保湿因子の水分を挟み込んで逃さないようにします。
細胞と細胞の間を脂でつなぐことから、細胞間脂質と呼ばれているのですね。
細胞間脂質はセラミドの他にコレステロールや遊離脂肪酸、糖セラミドなどがありますが、最も割合が多いのがセラミドであり、細胞間脂質の約5割を占めています。

セラミドが不足すると?

細胞間脂質は角質層内の中で、水分の蒸発を防ぐ働きをしているため、不足すると水分が蒸発しやすくなります。
よって肌が乾燥してしまうのです。
また、細胞間脂質にはバリア機能の役割もあります。
セラミドが不足しバリア機能も低くなると、紫外線のダメージや汚れや刺激などの外部からの異物を受けやすくなり、トラブルの原因となるでしょう。
シワやたるみなどの肌の老化も、セラミド不足が原因の一つと考えられます。

セラミドはどのように作られる?

セラミドの生成は、お肌の生まれ変わりとも言われるターンオーバーによって行われます。
肌は表面から、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層に分かれていて、ターンオーバーではこの層が繰り上がります。
新しい表皮細胞ができるとともにセラミドなどの保湿成分も生成され、古い角質層が剥がれおちて新しい角質層へと生まれ変わるのです。

セラミドの安全性は?

ご説明したとおり、セラミドは元々人の体の中で生成されているものです。
そのため、安全性の高い成分といえるでしょう。
しかし化粧品に配合されているものは、化学的に合成されたものがほとんどですから、製造の過程で添加物が含まれている場合もあります。
天然セラミドや、人のセラミドに似たセラミドでない場合は、肌に合わなかったり効果を感じられないこともあるようです。
副作用についても同じく、セラミドではなく化学物質に反応することが多いようです。

 

セラミドは11種類ある!乾燥肌に効果が高いセラミドって?

肌の潤いに欠かせないセラミドは以下の11種類あって、それぞれに特徴があります。

★セラミド1 バリア機能に優れている
★セラミド2 水分保持能力が高く、保湿効果がある
★セラミド3 バリア機能の再生能力があり、シワを軽減する
★セラミド4 ターンオーバーを促進する
★セラミド5 角質の脂質バリア層を保持する
★セラミド6 水分保持機能、バリア機能、ターンオーバーの促進共に優れている
★セラミド7 細胞分裂をコントロールし、皮膚常在菌のバランスを保つ
★セラミド8~11 詳しい働きは解明されていない

どのセラミドも、健康な肌を保つために欠かせない成分であるのが分かりますね。

この中でもセラミド1、3、6が不足すると乾燥肌になりやすく、アトピー性皮膚炎の方はこれらが極端に少ないとされています。
またセラミド2は人の体に最も多くするセラミドのため、肌に大きな影響を与えるでしょう。

乾燥肌の改善には、不足したセラミドの補給がおすすめです。
スキンケアで行う乾燥対策として、セラミド配合の化粧品が良いでしょう。
化粧品によって様々なタイプが配合されています。
タイプ別に特徴や表記についてまとめました。

自然由来のタイプ

動物・植物由来セラミドが該当します。
動物性は天然セラミドとも呼ばれていて、保湿性浸透性に優れていますが、セラミドの中では高価です。
植物性はアレルギーのリスクが低く安全性が高い一方で、保湿効果は高くありません。
成分表示にはウマスフィンゴ資質やビオセラミド、植物性セラミドなどと表記されます。

敏感肌でも使えるタイプ

人に存在するセラミドに近く保湿力と浸透力があり、刺激が少ないのが、ヒト型セラミドです。
セラミドEOPやセラミドAPなどで、成分表示に記されています。

セラミドの生産を助けるタイプ

ライスパワーNo.11は人の体で生産されるのを助け、根本的な肌質を改善できます。
化粧品の成分表記には、成分名のまま表記されます。

セラミドに似たものを化学的に合成したタイプ

合成セラミドと呼ばれ、石油由来のものが多く大量生産できるため安価。
セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドトいう成分表記がなされます。

 

乾燥肌にオススメのセラミド配合化粧品TOP5

1位 米肌

〇特徴〇

米肌に配合されているライスパワーNo.11は、肌本来の力でセラミドの生産が行われるのを助ける働きがあります。
セラミド不足で乾燥したり肌トラブルが起きている肌でも、使うほどに水分保持機能やバリア機能が高まり、うるおいの満ちた肌に近づけるでしょう。
コラーゲンなど肌の弾力に欠かせない成分も配合されているため、多方面からのアプローチによって、透明感やハリ、キメが整った肌を目指せます。。

トライアルセットはこちら↓

2位 ライースリペア

〇特徴〇

ライスパワーNo.11が配合されているライースリペアは、セラミド不足による乾燥肌の解消が期待できます。
セラミド補給するだけではなく、肌自身がセラミドを生みだす力を高めることも期待できるため、健康的な肌質への改善が見込めるでしょう。
また、角層の水分量を増やす作用があります。
毛穴の開きやたるみなど、年齢によるお肌の悩みにも効果的と言えます。

トライアルセットはこちら↓

3位 アヤナス

 

 

〇特徴〇

アヤナスに配合されているセラミドは、浸透力を高めるために小さくしたヒト型なので、お肌の角層まで浸透して潤いを届けてくれます。
エイジングケアを研究し作られているため、乾燥が原因で出来たシワも併せてケアできるでしょう。
低刺激なので、お肌が揺らいで敏感になっている方でもご使用いただけます。

トライアルセットはこちら↓

4位 エトヴォス

 

〇特徴〇

ハリとツヤを与ながら乾燥肌に潤いを届けるエトヴォスは、ヒト型セラミドが5種類も配合されています。
保湿効果抜群のため、肌のカサつきやキメの粗さなどのケアに最適です。
刺激となる成分の入っていないシンプルな処方で、天然油のラベンダーの香りに癒されながらケアできます。

トライアルセットはこちら↓

5位 ヒフミド

〇特徴〇

ヒフミドには、人の肌に浸透しやすいセラミド2と、うるおいとバリア機能向上に必要なセラミド1、3が配合されています。
お肌にやさしい処方で、しっかりと浸透して肌の内側へうるおいを届けます。
刺激に敏感になったお肌にも使えますから、セラミド不足を補って乾燥による肌トラブルの解消に役立ちます。

トライアルセットはこちら↓

 

 

乾燥肌にはセラミドを作る肌になれる「米肌」がオススメ!

乾燥している肌の内部では、セラミドが不足していることが考えられます。
セラミドを含めた細胞間脂質は、角質層の水分保持機能の約8割を占める重要な成分です。
元々体の中で生産させる成分ではありますが、加齢や生活習慣の乱れ、紫外線ダメージなどが原因で生産量は減ってしまいます。
そのため、乾燥肌の方はセラミドの補給が大切です。
一方でセラミドは油溶性のため、クレンジングや洗顔等で洗い流されやすい成分でもあります。
化粧品でセラミドを一時的に補給しても、持続的に効果を得られないかもしれません。

そこでおすすめなのが、肌自身がセラミドを作るのをサポートする化粧品、米肌です。
米肌に配合されている「ライスパワーNo.11」には、セラミドの補給にプラスして、肌質の改善を見込めます。

詳しい特徴は?

ライスパワーNo.11は、昔から伝わる醸造発酵技術を用いて作られた成分です。
ライスパワーNo.11の原料は100%国産米ですので、

安全性の高さも特徴です。

肌に期待できることとは

数多くの保湿成分がある中で、唯一医薬部外品の効能を認められたのがライスパワーNo.11です。
その効能とは水分保持能の改善、つまり肌自身がセラミドを生成するようになるため水分保持機能が向上し、肌の水分量がアップするということです。
使い続けるほどに肌が健康的になり、その効果は持続的に続くでしょう。

その他の保湿成分

米肌は保湿成分として有効な、自然由来の発酵エキスも配合しています。
ビフィズス菌発酵エキスは、角質層内で水分を抱え込む役割をもつ天然保湿因子の補給に役立ちます。
大豆発酵エキスは、肌を包み込んでうるおいを保つ作用があります。

米肌は肌を健康にする

セラミドが作り出されるようになり、角質層の水分量が上がると、しぼんでいた肌にハリが戻り弾力を実感できるでしょう。
乾燥による小じわやたるみの軽減も見込めます。
キメが整って毛穴の開きも小さくなり、光を反射させて、肌の色を明るくする効果も期待できるでしょう。
乾燥が進んで敏感になった肌も、バリア機能が回復することで、外部刺激から肌を守ることができます。
またターンオーバーが促進され、肌の再生化が正常に行われるようになります。

セラミド失わない生活で、乾燥肌を改善しよう!

セラミド不足が起こる原因は、加齢だけではありません。
普段の生活でも、睡眠不足などで失っている場面は多いのです。
スキンケアと併せて、生活の見直しをしましょう。

クレンジングでセラミドを落とさないために

細胞間脂質セラミドは脂のため、油溶性のメイクを落とすクレンジングで洗い流されてしまいます。
クレンジング剤を選ぶにあたって、成分に気を配ることが大切です。
例えば、スッキリとしたメイク落ち効果が期待できる界面活性剤ですが、洗浄力が強すぎるために、肌に必要な成分も落としやすいです。
できれば界面活性剤の含まれていないものや、配合量が少ないものを選びましょう。
天然のオイルが主成分のものや、クリームタイプ、ミルクタイプのものですと、肌に負担を掛けずにメイクを落とせます。
保湿成分等の美容成分が配合されているものを選べば、クレンジングをしながらスキンケア効果を得られるかもしれません。

質の良い睡眠で肌の再生力を高める

睡眠は、セラミドなど肌のうるおい成分の生成に大きく関わります。
ターンオーバーによって肌細胞が生まれ、角質層が新しくなります。
そのときに、セラミドをはじめとする保湿因子の生産が行われるのです。
ターンオーバーに必要な成長ホルモンは、入眠してすぐに分泌されますが、その時に質の良い睡眠ができていなければ分泌量は減ってしまうでしょう。
「お肌のゴールデンタイム」の22時以降には眠り、正常なターンオーバーが行われるように心掛けましょう。

血行不良は細胞の不活性化に繋がる

肌も体の臓器のように、細胞の働きによって状態が左右されます。
細胞に栄養が届かなければ、正常な働きができません。
冷えや水分不足、偏食や運動不足などで血の巡りが悪くなって血行不良がおこると、肌の新陳代謝の低下に繋がります。
肌細胞にまで栄養が届かなくなり、セラミドなどの水分保持機能をもつ成分の生成が減少し、乾燥してしまうでしょう。
セラミドを失わないためには、正しい生活習慣で血液循環を促すことも大切です。

紫外線予防で肌細胞のダメージを減らす

紫外線は肌の奥まで侵入してダメージを与え、光老化を進めます。
紫外線ダメージを受けるとメラニンが増えてターンオーバーの阻害するため、セラミドの生産量が減り、乾燥肌になってしまいます。
真皮層にまで紫外線ダメージが及び、肌細胞内で活性酸素が増えてセラミドやコラーゲンなどの保湿成分を破壊することも原因です。
一年中降り注ぐUV-AとUV-Bをカットできる日焼け止めを使用したり、屋外ではサングラスで目から入る紫外線をカットするなど、心掛けましょう。

乾燥肌の改善のためには、スキンケアや生活習慣でセラミドを意識することが大切ということがお分かりいただけましたか。
乾燥肌になっている場合には、浸透力の高いセラミドを配合したものや、肌のセラミド生産力を高める化粧品を使うのが改善の近道です。
コラーゲンやヒアルロン酸とともに注目されているセラミドですが、化粧品選びの際には成分表示を確認して、より効果的なものを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*