きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

シワ スキンケア

なぜシワが目立っていくの?5つのケアでシワレス肌に!

投稿日:2015年11月20日 更新日:

気になるシワをどうにかしたい!

年齢肌になっていくと、徐々に目立っていくのがシワではないでしょうか。
でも、誰もがシワが出来る訳ではありません。
同じ年代でも、シワが出来ない方もいらっしゃいます。
その方との違いは、一体何なのでしょうか。
シワが出来るメカニズムや対処法など、まとめてみました。
シワが無い若々しい肌は、ご自分で作りましょう。

シワが出来る原因とは何か

277716

シワが出来てしまう大きな原因は、真皮層の劣化です。
約0.2㎜と言われている、お肌の薄い表皮細胞層を支えています。
コラーゲンとエラスチンが含まれている、その2つがコイルのような役目をして弾力を作っています。
弾力線維となっているコラーゲンとエラスチンが少なくなって劣化する事で、お肌に凹凸を作りシワを作ってしまいます。
ベッドのスプリングが劣化した際に使いづらくなる、その状態と一緒です。

この弾力線維を復活させればお肌の凹凸が無くなるという事になるのですが、なかなか上手くいきません。
弾力線維の作り替え期間は非常に長く、2~5年かって作り替えられます。
問題は、その間に肌のダメージを受けてしまう事で、改善が遅れてしまう事です。
そのような事を繰り返している事で、シワが出来てしまいます。

シワの改善は即効性が無く、長期戦に渡ります。
しかし、長い期間であっても手を加える事で確実にシワが目立たない肌にする事は可能となります。
根気よく、毎日コツコツとケアを続けていきましょう。

シワ改善法 ① コラーゲンを取り入れよう

bc11900ab49193025630a75de75ad8e7_s

真皮の弾力線維を作っている、コラーゲンを摂取しましょう。
しかし、コラーゲンの摂取方法によって弾力線維に響かせる事が出来ない場合がありますので、気を付けなくてはいけません。

コラーゲンをお肌に摂取する方法は、2つの方法があります。
1番に思いつくのは、コラーゲン配合の化粧品ではないでしょうか。
コラーゲンの化粧品が響かせるお肌の中の位置と、弾力線維に響かせる位置とは違うので、化粧品で弾力線維を高める事は不可能です。

弾力線維に響かせるコラーゲン摂取は、口から摂取するコラーゲンです。
食品のコラーゲンは、体内に入ってアミノ酸に分類されます。
アミノ酸に分解されて、体内の色んな部分に響かせる事が出来ます。
弾力線維にも当然響かせる事が出来、お肌にハリや弾力を与えてくれます。
ここで注意してほしいのが、食べ物ですと胃で分解されてしまう成分が多すぎるという事です。
その為、オススメなのがサプリメントでコラーゲンを摂取する事です。
1番オススメなのが、コラーゲンとアミノ酸の両方をタップリ含んでいる、すっぽんサプリです。
2つの弾力成分をタップリ配合しているので、通常のコラーゲンサプリよりは数段効果を期待する事が出来ます。
お肌の水分量も上がるので、プルップルのお肌になる事も出来ます。
サプリメントでしたら女性も毎日摂取出来るので、とてもオススメです。

→ 詳細はこちらから

 

シワ改善法 ② 紫外線をとことん受けない!

真皮層の弾力線維は、紫外線に大きく影響を受けてしまいます。
表皮が守られていないと、紫外線は簡単に真皮層まで入り込み、活性酸素の発生により肌細胞を素早く破壊します。
紫外線対策は意外ときちんとされていない場合が多く、紫外線からの肌老化もとても大きな影響となっております。

まずは、外出時は必ず日焼け止めを付けましょう。
ちょっとそこまでのお買い物、ゴミ出し、この程度の軽度な事でも、一歩外に出るのであれば必ず紫外線対策をしましょう。
家の中でも窓から紫外線が入っているので、UV効果のあるファンデーション等必ず付けるようにしましょう。

シワ改善法 ③ 乱暴に洗顔をしない

ガシガシとついついやってしまう乱暴な洗顔は、デリケートな真皮に即座に傷を付けてしまいます。
洗顔は摩擦が多くなるケアですが、なるべく摩擦をお肌に与えないように優しく洗うのが鉄則となります。
洗顔の際は、以下のポイントに気を付けて行いましょう。

・モコモコの泡を立てる
手が肌に直接当たらないよう、モコモコに泡立てて洗顔を行います。
手の平を引っ繰り返して泡が落ちない位に泡立てるのが、理想です。
泡立てネットを使うと、簡単に作る事が出来ます。

・洗顔の前は必ず肌を濡らす
肌が乾いた状態で洗顔フォームを乗せてしまうと、余計な圧をお肌にかけてしまいます。
洗顔フォームを乗せる前には、必ず肌を先に濡らしてから行いましょう。

・洗顔フォームの泡を動かしながら洗顔
洗顔時の汚れ落としは、手で摩擦する事で落ちる訳ではありません。
洗顔料の力で、綺麗に落とす事が出来ます。
洗顔料を肌上で動かす事で綺麗に汚れを浮かせる事が出来るので、手でゴシゴシするのではなく泡を動かして洗顔をするようにしましょう。
この時、泡ではなく指や手を肌に当てながら洗顔すると、どんどん弾力線維が失われていき、凹凸肌を作ってしまいます。

・綺麗にすすぐ
すすぎが残ると肌に悪影響を与えてしまい、肌質がどんどん衰えてしまいます。シワが目立つ肌になってしまいますので、きちんとすすぐように心がけましょう。すすぎは、最低30回と言われています。多すぎる回数にも聞こえるかもしれませんが、顔の至る部分を丁寧にすすぐと、30回はすぐです。きちんとぬめりが無いよう、丁寧にスッキリすすぎましょう。

・タオルでゴシゴシ水分を取らない
お肌に摩擦力を与える事は真皮に大きな影響を与えるので、タオルで水分を取る際も優しく扱わなくてはいけません。タオルを優しくお肌に当てるよう、拭き取るようにしましょう。堅くて線維が良くないタオルは不向きですので、必ず柔らかいタオルを使うようにしましょう。

面倒だと思うかもしれませんが、お肌が若々しく綺麗な方は、このようにとても手間を掛けて洗顔をしておりますので、忠実に行ってみましょう。

シワ改善法 ④ たっぷりの水分を与える

肌が乾燥していては、シワが出来る一方です。
お肌を柔らかくして、シワが出来にくいお肌にしましょう。

お肌の水分量を上げる為には、以下のケアが必須となります。

・化粧水の2度3度付け
化粧水を付ける際1度で終わってしまう方も多いと思いますが、1度付けでは蒸発してしまう化粧水の量の方が多いと言われています。
それを避ける為に、2度付け3度付けでお肌にたっぷりの水分を与えてあげましょう。
付けた後には、両手の平でハンドプレスを行うと、お肌の奥までしっかり入り込む事が出来ます。

・コットンパック
コットンと化粧水を用いて行うコットンパックは、お肌の奥までしっかりと水分を入れ込む事が出来るので、肌質が驚く程変わります。水分をお肌に入れ込む事が目的なので、使う化粧水は高価な物じゃ無くてもOKです。タップリコットンに化粧水を染み込ませ、お肌全体にコットンを乗せて5分ほど(若しくは乾く前まで)放置します。使い終わった後は、モッチモチの肌に変身します。その後通常のスキンケアをして寝る事で、翌日のお肌はしっとりに変化します。

・乳液やクリームを必ず付ける
お肌が脂っぽくなるからと、乳液がクリームを付けない方が居ますが、大きな間違いです。化粧水は水分100%ですので、そのままでは蒸発してしまいます。水分の蓋をする役目が、油分が入っている乳液やクリームです。ベタツキガ嫌な方は、手の平に広げて顔を覆う事で薄っすら付ける事が出来ます。

この3つを行う事で、確実にお肌の水分量が上がり、シワになりにくい柔らかい肌質になる事が出来ます。
寝ている時にケアを発揮するので、コットンパック等のスペシャルなケアは夜寝る前に行う事をオススメします。

 

シワ改善法 ⑤ シワが出来にくい肌に導くスキンケアご紹介

シワ改善に効果を発揮するオススメスキンケアは、ディセンシアのアヤナスです。

ayanasu500500

詳細はコチラ


アヤナスは、ヒト型ナノセラミド配合と敏感肌でも使える高保湿化粧品だという事です。
ヒト型ナノセラミドは、私達の角質層の中にあるセラミドと同じ形。
その為確実に浸透するので、角質層の水分量がグッと高まり、お肌の奥から潤う肌へと変身します。


その為、真皮にも潤いが出来やすくなり、肌全体の弾力が上がります。


シワが出来にくいお肌に変化していくので、若々しいお肌へと変身します。
また、敏感肌でも使える高保湿化粧品なので、敏感肌状態をケアした上で美容効果を発揮してくれる素晴らしさを持っております。


シワが出来る年代の女性は敏感肌の方が多いので、このようなスキンケアはどんな肌質の方でも響かせる事が出来る、とても便利で心強いスキンケアなのです。
初めての方は、化粧水と美容液、クリームがセットになったトライアルが、1,480円でありますので、こちらがオススメです。
なんと、30日間返金制度がありますので、万が一満足できなくても返金してもらえます。


安心して使えるスキンケアですので、オススメです。

詳細はコチラ

まとめ シワはコツコツケアで目立たなくさせる事可能!

いかがでしたか。

シワという形態上、どうしても即効性が無いのが難点ですが、それでも目立たなくさせる事は可能です。
毎日コツコツとお肌に負担をかけないよう、コラーゲンと保湿ケアを丁寧に行って、シワが目立たない若々しいお顔になりましょう。
シワが出るか出ないかは、ご自分のケア1つにかかっています。
ケア次第で肌質は確実に変わるので、徹底して行いましょう。

-シワ, スキンケア

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.