きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

アンチエイジング シワ

ほうれい線は老けを作る!ほうれい線を目立たなくさせる6つのケア!

投稿日:2015年8月19日 更新日:

ほうれい線を自己ケアで目立たなくする事は可能?

ふと鏡を見た時に自分のほうれい線に気付く事、ありませんか。
加齢と共に、ほうれい線はどんどん目立っていってしまいます。
ほうれい線は、目元のシワと共に老け顔に見せてしまう2大巨頭です。
放っておくと、見た目の老けはどんどん増してしまいます。
女性にとって、老け顔は禁物です。
老けを極力減らすよう、自己ケアでほうれい線ケアしましょう。

ほうれい線ケア ① コットンパック

4ade2f4a
出典 http://matome.naver.jp/odai/2129341945521066301/2129342751121204603

ほうれい線が出来ているのは、肌の乾燥より肌に余計な負担がかかってシワへと見せいぇしまっている証拠です。
ほうれい線が出ている肌は、既にかなりの乾燥が進行している状態なので、ちょっとのスキンケアでは改善しにくいといえます。
肌に惜しみない水分を与える為に、コットンパックでたっぷり水分を与えましょう。

手持ちの化粧水をコットンにタップリ浸し、ほうれい線部分に乗せて5分ほど放置します。
ほうれい線部分にたっぷりの水分が行き渡り、何度か行っていく事でほうれい線に変化が現れます。
ほうれい線だけじゃなく、顔全体にコットンパックをすると、顔全体がワントーン上がったような美肌になる事が出来ますよ。

コットンパックに使う化粧水は、プチプラの物でもOKです。
化粧水の質も求められますが、大事なのはタップリコットンに浸み込ませて使う事です。
ケチケチせずタップリ浸透させて、ほうれい線に水分を惜しみなく与えましょう。

ほうれい線ケア ② コラーゲンを含む食べ物摂取

1455
出典 http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/001455/

コラーゲンを体内に増やす事で、肌に弾力を作る事が可能になり、ほうれい線ケアに導く事が出来ます。
コラーゲンを口から摂取しても、口にした分だけコラーゲンの効果が発揮するのは難しいと言われています。
その為、口にした分全ての量を期待する事は難しいと言えますが、全く響かない訳ではないので、ほうれい線ケアの為に摂取しましょう。

コラーゲン摂取の為にオススメ出来る食べ物は、下記が挙げられます。

・ふかひれ
・ドリンクタイプのコラーゲン
・コラーゲン入りのお菓子
・ゼリー
・マシュマロ
・鶏皮
・手羽先
・あんこう
・かれい
・牛スジ
・牛テール
・豚足
・えび
・すっぽん
・うなぎ

など、これらが挙げられます。

特に市販のコラーゲンドリンクや粉末のコラーゲンには、純粋にコラーゲンをふんだんに配合しているので、オススメです。

ほうれい線ケア ③ 紫外線ケア

pixta_2808500_s
出典 http://kenkou-bihada.net/category5/summer.html

紫外線は、確実にコラーゲンやエラスチンを破壊し、生成を減少させてしまいます。
それにより、肌の弾力性が乏しくなり、肌に柔軟性が無くなってしまいシワを作ってしまいます。
紫外線は肌の老化を早めてしまうので、絶対に浴びないよう努力をしましょう。

日焼け止めは徹底的に付け、少しのお出かけでも必ず付けるようにしましょう。
室内でも窓際は紫外線が当たるので、日焼け止めは欠かせません。

目からの紫外線のパワーも強力ですので、目に紫外線を与えないようにしましょう。
UV効果のあるレンズのメガネやサングラスを付け、徹底的に紫外線をカットしましょう。

ほうれい線ケア ④ 無理なダイエットは行わない

一気に痩せたい!と、無理なダイエットを行う女性は増えてきています。
しかし、無理にダイエットをしてしまうと、その反動で皮膚がたるんでしまう事があります。
1度伸びた皮膚が急に戻る事はあり得ないので、肌にたるみを発生させてしまい、シワとたるみが大きく出てしまいます。
それにより、ほうれい線へと繋げてしまいます。

ダイエットをする事は体にとても良い事ですので、オススメです。
でも、無理なダイエットは極力控えるようにしましょう。
少しずつ体に負担を与えないようなダイエットを心がけ、ほうれい線等を作らないよう努力をしましょう。

ほうれい線ケア ⑤ リンパを流して顔のむくみ改善

顔がむくむと、ほうれい線を引き出してしまいます。
パソコン作業など、長時間同じ姿勢で止まっている作業が多い方は、リンパ液が顔に溜まってしまい、むくんでしまいます。
血液のリンパ液は、顔に溜まりやすい性質があり、きちんと流してあげないと顔がボリュームアップしてしまいます。

作業の手を時々休め、首をグルグル回したり、手で下側に向けて引っ張ってリンパを流してあげましょう。
リンパ液が流れ、顔がスッキリし、ほうれい線の目立ちを緩和させてくれます。

ほうれい線ケア ⑥ 高保湿スキンケアで肌の保湿力を高める

肌のシワなどを取り除くケアには、保湿ケアは必須項目です。
ほうれい線を目立たなくする為には、高保湿と肌のハリを高める成分を補う事です。
その2つを含んでいるオススメのスキンケアは、ディセンシアのアヤナスです。

 

新アヤナストライアルセット

 

ポーラの敏感肌部門が作ったエイジングケアに導くスキンケアで、敏感肌の方でもエイジングケアが出来るスキンケア。
敏感肌は美容成分が浸透しにくい肌質という所に目を向け、独自成分で肌質をしっかり改善させたのち、美容成分にてエイジングケアに導きます。
ヒト型ナノセラミド配合により、肌の奥までスッと保湿成分が浸透。
枯れてしまった肌を、肌の底から潤いに満ち溢れる肌へと導きます。
更に、CVアルギネートが肌の中でのコラーゲン生成をサポートし、肌の底からコラーゲンパワーを発揮させ、肌にハリと弾力を与えてシワ等を活性化させます。
ほうれい線をグッと引き出し、目立たない綺麗な口もとへと導きます。
年齢を重ねた肌悩みが多くなった方に、とてもオススメのスキンケアです。

はじめてのかたは、化粧水と美容液、クリームの3点セットのトライアルが1,480円(税込)で試す事が出来ますので、こちらをオススメします。
アヤナスのWのエイジングパワーを、トライアルで実感して下さい。

 

アヤナス 詳しくはコチラ>>

まとめ ほうれい線が出来ても諦めないで!

いかがでしたか。

ほうれい線は、出来たからといって諦めてはいけません。
手厚くケアするだけで、必ず目立たなくさせる事は可能です。
その為には、確実はほうれい線ケアをしていく事が大きなポイントとなります。
有名なベロ回しケア等と一緒に、これらのケアをして、ほうれい線目立たない若い口もと作りましょう。

-アンチエイジング, シワ
-,

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.