きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

メイク落とし

肌負担が少ないクレンジングジェル6つの魅力!美肌になるメイク落とし

投稿日:

クレンジングジェルの隠れた魅力!

クレンジングは、使うタイプによって肌負担を大きく変えます。

クレンジングの中でも、皮膚科医が勧める素晴らしいクレンジングがジェルタイプだそうです。

ジェルタイプのクレンジングには、どのような素晴らしい魅力があるのでしょうか。

          きちんと、メイクを落としてくれるのでしょうか。

          クレンジングジェル隠れた魅力を、再確認してみましょう。

 

クレンジングジェルポイント ① 使い心地の良さ!

 

item_1000024522_3

出典 http://www.cosme.com/product/pdt_dtl/item_id/1000024522

 

クレンジングジェルを使って思う事は、指通りが良くてスルスル肌に伸びていく使い心地の良さではないでしょうか。

肌離れも非常に良いので、オイルクレンジングのようなベトつきが無く快適です。

使い心地が凄く良いのにメイクはきちんと落ちるので、クレンジングとしての役目を大きく果たしてくれる、優れものです。

洗った後もべとつかず、さっぱりした洗い上がりになるので肌がスッキリ快適になります。

弾力性があるテクスチャーなので、肌の摩擦力も軽くなり余計な負担をかけません。

 

クレンジングジェルポイント ② 保湿力の高さ

 

topimg_original

出典 http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142620210238727501

 

ジェルタイプなので肌が乾燥しないのも、女性としては嬉しい部分です。

ジェルクレンジングを使う事で、洗った後に保湿力を高まってモチモチ肌になります。

ドライスキンが解消されるという事で、年齢肌の女性にも支持されるようになってきました。

美容成分がタップリ入った、肌を潤わせる成分が入っているジェルクレンジングもあります。

肌のスキンケアの意味でも、クレンジングジェルは大きく役立ってくれます。

 

クレンジングジェルポイント ③ 濡れた手でも使える

 

hi_ca04

出典 http://matome.naver.jp/odai/2142127365882983501

 

ジェルタイプのクレンジングは、濡れた手でも使える事がとても便利です。

その理由は、ジェルタイプなので粘度が高い事。

多少の水分でもクレンジング効果を邪魔しないので、手の水分を綺麗に取り除かなくても使う事が出来る便利さです。

その為、お風呂場でも使う事が出来るので、お風呂に居ながらメイク落としも可能です。

几帳面じゃ無い方でも、クレンジングジェルは扱いやすく便利です。

 

クレンジングジェルポイント ④ 温めて使おう

 

ジェルクレンジングは、クレンジングの中ではテクスチャーが少し硬めなので、手の平に乗せて人肌に温めてあげると肌に上手く絡んでメイクを綺麗に浮かせてくれます。

30秒ほど手の平に乗せると、トロっと水あめのようになっていきます。

肌に付けると上手くメイクと絡んでくれるので、すっとメイクを浮かせて取り除く事が出来ます。

温まる事で、より一層メイクの浮かせ具合を高める事が出来ます。

より一層指通りを良くさせるので、肌摩擦を軽減させる事も出来ます。

肌もモッチリとしますので、温めて使うと良い事ばかりです。

多少手間がかかるように思えるかもしれませんが、その手間が肌に良い影響を与えてくれます。

 

クレンジングジェルポイント ⑤ ポイントメイクリムーバーもジェルタイプ

 

アイメイクやリップメイク等のポイントメイクには、ポイントメイクリムーバーを使いますが、一般的なクレンジングと同様にジェル状の物を選びましょう。

ポイントメイク用のジェルタイプは、油性のジェルタイプのクレンジングになります。

ポイントメイクリムーバーと言えばオイル系の緩いテクスチャーの物を想像しますが、油性であればジェルタイプでも十分対応できます。

目元は皮膚が薄くデリケートなので、本来はオイルタイプの緩いテクスチャーよりもジェルタイプの方がオススメです。

摩擦による刺激を目元に与えなくて済むので、年齢を増しても綺麗な目元を保つ事が出来ます。

一般的なオイルクレンジング系のポイントメイクリムーバーよりは高価になってしまいますが、目元や口元には優しいので出来ればジェルタイプを使ってほしいです。

 

クレンジングジェルポイント ⑥ ハードメイクはしない

 

クレンジングの中で1番人気があるのが、オイルタイプのクレンジングです。

その理由は、頑固なハードメイクでも簡単に落とす事が出来るからです。

オイルクレンジングに比べると、ジェルクレンジングはハードメイクのメイク落としには不向きです。

油性ジェルでしたらハードメイクに対応できる場合もありますが、水性ジェルを使いたい方にはハードメイクを完全に落とし切るのは難しいと言えます。

 

ジェルクレンジングを使う為には、ハードメイクをしない事です。

ナチュラルメイクにすれば、ジェルクレンジングでもしっかり対応できます。

ハードメイクは肌に負担もかかりますし、女性らしい肌を保つ為には本来してはいいけないメイクです。

ジェルクレンジングに改めるのであれば、メイクも改めるようにしましょう。

 

まとめ クレンジングジェルは美肌を作る

 

いかがでしたか。

 

綺麗な美肌を保つ為には、クレンジングはジェルタイプがオススメです。

肌負担をかけずに保湿力を高めるクレンジングは、他にはありません。

クレンジングはメイク落としなので、1番お肌を傷める工程と言われています。

そんな工程だからこそ、使うクレンジングのテクスチャーには1番こだわってほしいです。

ご自分のクレンジングは、肌に負担をかけずに肌負担が無い自信ありますか。

ただメイクを落とすだけじゃなく、肌への労わりも加味して考えて行いましょう。

-メイク落とし
-

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.