きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

その他

傷跡を目立たなくさせる8つのポイント|傷跡は早くなおすべき!

投稿日:

残ってしまう傷跡、どうにかなる?

ひょんな事で出来てしまった傷跡、なかなか治らずに嫌な思いをする事ありますよね。

傷跡は放っておいても治りますが、とても時間がかかってしまいます。

傷跡を早く目立たなくさせる方法で、早く綺麗な肌を取り戻しましょう。

効果的な方法を、まとめてみました。

これで、厄介な傷跡とはおさらばです。

 

その1 消毒せず傷跡を乾かさない

919U4REPZC4wiJg

出典 http://girlschannel.net/topics/344674/

 

傷へのケアと言えば、消毒液で消毒して傷跡を乾かして治すやり方が、一般的です。

しかし、この方法は良さそうで実は時間がかかると言われています。

 

1番早く傷跡を目立たなくさせる方法は、傷が付いた部分を水で洗い、それが乾かないように絆創膏などで閉じて、湿潤状態を保つ事です。

湿らせたままで放っておくと、従来の傷跡の治し方よりも数倍早く傷跡が無くなります。

キズパワーパッドは傷口を乾かさないので、オススメです。

 

傷を乾かさない事が重要な理由は、大切な細胞を乾燥によって死滅させずに済むので、治癒力が上がるという事です。

更に、消毒液を使う事も大事な細胞を死滅させてしまうので、治癒力を下げてしまうからと言われています。

 

その2 傷を早く修復させるポイントは6時間以内

gf2160257712l

出典 http://health-to-you.jp/firstaid/kirikizuteatenosaisinnjijyou3227/

 

傷を早く綺麗に治す為には、傷が出来てから6時間以内に適切な処理を行う事が大事となります。

傷への処置が遅ければ遅い程、傷の治癒への時間がどんどん遠ざかってしまいます。

可能であれば、傷が出来てすぐに治療を行うようにしましょう。

 

また、早く治療をしたいが為に、急いで乱暴に傷跡を扱う事は絶対にしてはいけません。

傷が出来ているという事はデリケートな状態なので、優しく丁寧に扱うようにしましょう。

 

その3 紫外線に傷跡を当てない

 d4198-49-701953-0

出典 http://www.faga-kaizensurutameni.com/entry13.html

 

紫外線は、恐ろしい程肌をダメにしてしまう厄介な存在です。

傷部分はデリケートなので、紫外線に当ててしまうと傷跡の治りが遅くなってしまいます。

通常は絆創膏等で傷を覆っているので、一見紫外線に当たっていないようにも思えます。

しかし、殆どの絆創膏はUVパワーが無いので、浸透して傷口に紫外線を当ててしまいます。

傷が治るまでは、洋服等で傷部分を隠して過ごすようにしましょう。

 

その4 傷口に極力触れない

肌の大敵は、摩擦です。

それは、傷口に対しても同じ事が言えます。

しかも、指先は常にバイキンがウジャウジャくっついているので、バイキンが傷口に接触してしまい、良くありません。

良く手洗いした後でも、すぐに手にはバイキンが付いてしまう。

手はバイキンの温床なので、気を付けましょう。

 

傷口には、極力触れないようにしましょう。

どうしても気になって触れたい場合は、ガーゼなどを使って触れるようにしましょう。

 

その5 アットノン等の傷修復軟膏

傷跡に役に立ってくれる市販薬と言えば、アットノンですよね。

どこのドラッグストアでも扱っているので、手軽に使う事が出来る万能薬です。

傷の状態により修復する進度が違いますが、効果的と言われているので気になる場合は活用してみましょう。

 

出来れば、傷が出来て数日経っても治まらない場合に、使うようにするのが理想です。

おおよそ、3ヶ月程続けて使うと大分綺麗になっていくと言われています。

 

その6 新陳代謝を上げよう

 肌の修復力を上げる為には、新陳代謝を上げる事が最大の手助けとなります。

代謝を上げる為に、温める事ケアを行いましょう。

 

・湯船に浸かるようにする

・傷口をホットタオルで温める

・温かい蒸気を傷口に当てる

・部屋の湿度を上げる

・温かい物を口にする

 

ビタミン剤も代謝を上げる事が出来るので、摂取してみましょう。

色んなビタミン剤がありますが、ドラッグストアで200円程から3,000円程位まであります。

食事も、ビタミンを積極的に摂取していくと、傷跡に大きく響かせる事が出来ます。

 

その7 皮膚科に通う

どうしようもない傷跡の場合は、自己ケアよりも皮膚科にお世話になるべきです。

軟膏や塗り薬等、症状に合わせたお薬を提供してくれるので、自己ケアよりも早く綺麗に治す事が可能です。

症状にもよりますが、1か月程通ったら様子を見るように言われます。

今は女性の皮膚科医も多くなったので、女性でも傷跡を気軽に見せる事が出来ます。

その際、顔に吹き出物等の皮膚的悩みがあれば、その際に一緒に解決する事が出来ます。

 

その8 傷が治った後もしっかり保湿する

傷跡が治っても少しの間は肌が弱った状態なので、しっかり保湿をして肌状態を上げましょう。

乾燥してしまうと、傷が出来た部分の肌質が悪くなってしまい、見た目にも目立ってしまいます。

 

オススメなのが、傷跡ケア専用の保湿クリームです。

その他、保湿力の高いスキンケアを手にも使いましょう。

特に冬場は乾燥しやすいので、保湿を欠かせないようにすると綺麗な肌になります。

 

まとめ 傷跡は早く治そう

いかがでしたか。

 傷跡は、放っておけば治ります。

しかし、かなりの時間を費やします。

女性であれば常に綺麗な肌で居続けたいので、何カ月も待つなんて嫌ですよね。

自己ケアをして、少しでも早く傷跡を綺麗に目立たなくしましょう。

傷跡が目立たなくなれば、オシャレもお出かけも楽しくなりますよ。

 

 

-その他
-,

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.