きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

美顔

顔の産毛はあったらダメ!7つのポイントで産毛の無いツルツル美肌に!

投稿日:

顔の産毛が気になる女性はたくさんいる

あまり人には話しませんが、顔の産毛で悩んでいる女性はたくさん居ます。

定期的に処理をしているつもりだけれど、ついつい忘れてしまう事があって、周りに産毛がバレてしまう事も…

特に、口周りの産毛はヒゲにように見せてしまい、とっても恥ずかしいですよね。

そんな顔の産毛のポイントについて、まとめてみました。

 

女性の顔の産毛ケア ① 女性の顔の産毛は、男性も気にしている

hoppeta

出典 http://matome.naver.jp/odai/2138295824503361901

 

女性は、体毛に悩みを持っている方が非常に多いです。

そんな中、どの体毛が気になるかアンケートを取ったところ、半数程度の女性が顔の産毛に悩んでいるそうです。

そして驚く事に、男性も女性の顔の産毛が気になるそうです。

女性の顔を至近距離で見た時に、顔に産毛がある事にガッカリしてしまうそうです。

普段目に入らない部分なので、見つけると驚いてしまい、且つ解っていても知らないふりをしてしまうそうです。

 

そんなシチュエーションになってしまうのは、女性として出来るだけ避けたいですよね。

顔の産毛に対して、もう少し真剣に向き合うようにしましょう。

 

女性の顔の産毛ケア ② 産毛は剃っても濃くならない

portrait_ring_gesicht_904821_o

出典 http://josei-bigaku.jp/beauty/arafohada19273/

 

産毛を剃る事に抵抗感がある方は、産毛を剃ると濃くなると耳にした事があるせいではないでしょうか。

実は、これには何の根拠も無く、産毛は剃っても全く濃くはなりません。

毛をカミソリで剃ると、肌上でカットしてしまう状態になります。

その為、切断した断面がフラットになるので、次に生えてくる毛が太く濃く見えてしまいます。

濃くはなっていませんですし、量も多くなりません。

安心して、美容ケアの為に産毛処理に心がけましょう。

 

女性の顔の産毛ケア ③ 顔の産毛を放置する事で起きるデメリット

2015y01m05d_130444444-660x439

出典 http://godmake.me/press/archives/7052

 

顔の産毛を放置しておくと、様々なデメリットがあります。

女性であれば絶対避けたい事ばかりですので、覚えておきましょう。

 

・スキンケアが十分に浸透しない

スキンケアを付けた際に産毛で弾いてしまい、浸透しにくくなってしまいます。

 

・メイクのノリが悪い

ファンデーション等のメイクが産毛に弾かれてしまい、上手く乗らなくなってしまいます。

 

・顔色が悪く見える

産毛が密集すると影を作ってしまい、顔色がくすんで汚く見せてしまいます。

 

・余計な角質などが溜まりやすくなってしまう

古い角質や汚れなどが、産毛に絡んで溜まりやすくなってしまい、肌の上に残りやすくなってしまいます。

 

・毛深く見せてしまう

産毛が生えている顔に気付かれたら、あきらかに毛深い人だと相手にバレてしまいます。

 

このように、産毛は様々な難題を引き起こしてしまいます。

毛は体を守ってくれる物だと言われていますが、顔の産毛に関してはデメリットだらけなので、必要ないと言えます。

 

女性の顔の産毛ケア ④ 産毛のカミソリ処理は浴室では行わない事

顔の産毛の処理、どのように行っていますか。

8割ほどの方が、カミソリ等で剃って処理をしているそうです。

I型のカミソリを使って剃っている方が、大半のようです。

安価で手頃ですし、簡単に剃る事が出来るのが大きなメリットです。

 

顔剃りをする場所ですが、お風呂に入ったついでに剃って処理してしまう方も居るようですが、それは出来るだけ避けてほしい方法です。

浴室で剃ってほしくない理由は、浴室の空間が明るくない事。

明るくない場所では細かい産毛のチェックがしにくく、剃り残しが起きてしまうので望ましくありません。

更に、傷を付けてしまう恐れもありますので、危険です。

 

また、浴室にそのままカミソリを保管してしまうと、湿気でカミソリが錆びてしまいます。

錆びて不衛生なカミソリで剃ると、角質を傷つけてしまったり傷口からバイキンが入ってしまう可能性がありますので、良くありません。

カミソリでの処理は、明るい場所で行うようにし、湿気の無い場所にカミソリを保管するようにしましょう。

 

女性の顔の産毛ケア ⑤ 顔の産毛処理の際に気を付けてほしいポイント

顔の産毛処理は確実に肌に負担を与えてしまいますので、気を付けてほしいポイントを守って処理を行いましょう。

 

・生理の時は肌が敏感なので、産毛処理はしない。

・産毛処理の後3日程度は、日焼けを絶対にしない

・産毛処理は肌が敏感になるので、産毛処理前後のピーリングは絶対に避ける。

 

この3つのポイントは、産毛処理と併用してしまうと大きな肌負担になってしまいます。

肌トラブルを起こしてしまう可能性もございますので、絶対に避けましょう。

 

女性の顔の産毛ケア ⑥ 顔の産毛処理の際に是非やってほしいポイント

 顔の産毛処理の前に少しのケアを足すと、顔の産毛処理が綺麗に上手くいきます。

そのポイントケアとは

 

・メイクは必ず落とす事

基本の事ですが、これが出来ていない方が結構多いようです。メイクとカミソリで肌に大きな負担を与えて、必ず肌トラブルを引き起こしてしまいます。絶対にメイクを落としてから、産毛処理を行いましょう。

 

・顔を蒸しタオルで温める

カミソリ処理前に、蒸しタオルで顔を5秒ほど温めましょう。お肌が柔らかくなるので、産毛が剃りやすい肌環境になります。

 

・古いカミソリは使わない

古いカミソリは切れ味が悪いので、肌を簡単に傷つけてしまいます。必ず切れ味の良い、新しいカミソリを使うようにしましょう。ただし、切れ味が良いと傷をつけてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

 

女性の顔の産毛ケア ⑦ カミソリを肌に走らせる方向を気にしよう

カミソリを動かす方向、気にした事ありますか。

基本的に、産毛が生えている方向に剃ります。

産毛の生えている方向の逆方向に剃る方もいますが、これでは毛穴に余計な負担をかけてしまうので、毛穴を目立たせてしまう事があります。

 

顔には細かい凹凸がありますので、全ての顔のパーツに行き渡るよう注意して行いましょう。

どうしても細かい部分の産毛を剃り残してしまうパターンが多いようなので、何度も細かく鏡をチェックしながら行うと、綺麗に剃る事が出来ます。

 

まとめ 女性なら顔の産毛は常に綺麗にしよう

いかがでしたか。

 女性の顔は常に綺麗で居るべきなので、顔の産毛処理はきちんとするように心掛けましょう。

産毛処理の頻度は、1週間置き程度に行うのが理想です。

常にツルツルで綺麗な肌をキープして、女性らしい肌を作りましょう。

 

 

-美顔
-,

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.