きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

その他

9つのアトピー改善ケア!アトピーケアは正しい知識で改善可能

投稿日:2015年7月22日 更新日:

アトピーは改善出来る?

アトピーで昔から苦しんでいる人は、アトピーは一生治らないのではないかと思ってしまいますよね。

でも、アトピーは正しい知識とケアにより、改善へ向ける事が出来ます。

諦めずに、アトピーケアを行ってみませんか。

アトピーの自己ケア方法を、まとめました。

アトピー肌に悩んでいる方でも、綺麗な肌をゲットしましょう。

 

アトピーケア ① タップリの保湿を与える

28E6CEF0953B031344C38B8E1F62FA32

出典 http://e-hada.net/archives/tag/%E4%BF%9D%E6%B9%BF

 

アトピー肌には、乾燥は禁物です。

しかし、デリケートなアトピー肌には、どのような保湿を使えばいいのか、と思う方もいると思います。

肌に余計な反応を起こすのではないかと、怖くて試す事に躊躇してしまいますよね。

アトピー肌に余計な負担を与えないようにする為には、以下の化粧水を選ぶようにしましょう。

 

・肌に刺激が少ない

・バリア機能を高めてくれる

・高保湿化粧水が

・保存料等余計な成分が入っていない

・口コミの高い化粧水

 

アトピー肌なので、外的刺激から肌を守ってもらえないと、更に悪化してしまいます。

ナノサイズの保湿成分は、弱った肌でも浸透しやすいので、アトピー保湿ケアとしてオススメです。

 

アトピーケア ② 紫外線対策をしっかり行おう

20121126machiyama04

出典 http://wooris.jp/archives/8556

 

アトピー肌はバリア機能が失われているので、少しの負担でトラブルを引き起こしてしまいます。

外的刺激で1番の大敵は、紫外線です。

紫外線を浴びるだけで炎症を起こしてしまいますので、アトピーを確実に悪化させてしまいます。

 

外出の際は、しっかりと日焼け止めを付けるようにしましょう。

肌の露出は極力避け、マスクや帽子を身に着けるとより効果的です。

 

また、家の中でもガラスより紫外線を通してしまうので、室内でもUV対策をする事をオススメします。

 

アトピーケア ③ 清潔にする

v9hu1bIt1sJ2FuO1363129329_1363129338-thumbnail25B15D-thumbnail2 (1)

出典 http://xn--y8jua5d8c8701e.jp.net/article/349532630.html

 

アトピーケアは、清潔を保つ事が大事です。

その為、しっかりと毛穴から綺麗に洗うように心がけましょう。

 

洗顔や体を洗う時は、モッチリとした逆さにしても落ちない泡を使い、泡を動かしながら洗います。

間違ってもやってはいけない事が、石鹸を直付けする事です。

その方が石鹸成分をふんだんに肌に与えられると思っている方が居るようですが、それは大きな間違いです。

石鹸成分の刺激がアトピー肌に大きな負担になるので、更にアトピーを悪化させてしまいます。

 

石けんで洗い終わったら、しっかりとすすぎましょう。

石鹸成分が肌上に残ってしまうと、アトピー肌に大きな負担となってしまいます。

1ミクロンも残さない位に、綺麗にすすぎましょう。

 

使う石鹸は、無添加の物を使いましょう。

また、水分を拭き取るタオル類は、清潔で軟らかい物を使いましょう。

ゴシゴシ擦って水分を取り除くのではなく、タオルに水分を吸い取らせるように優しく肌に触れましょう。

 

アトピーケア ④ お風呂のお湯はぬるめに

1304212top

出典 http://www.cbynumjuiceplus.com/archives/881

 

アトピーは、肌が熱くなるとかゆみを引き出してしまいます。

経験した事がある方は理解できると思いますが、そのかゆさは耐えられない程の辛さです。

お風呂に入る時は、極力ぬるめのお湯にして入るようにしましょう。

35℃位のぬるま湯であれば、それほどかゆみが引き起こされる事もありません。

かなりぬるい温度ですが、慣れると気にならなくなるので試してみましょう。

 

アトピーケア ⑤ かゆみが出たら冷やす

かゆみが出てかいてしまうと、アトピーを悪化させてしまいます。

悪化させないよう、かゆみが出たら患部を冷やしましょう。

 

保冷剤を患部に当てて数秒すると、かゆみがスッと取れていきます。

あまり長い時間保冷剤を当てていると、肌に余計な負担を与えてしまいますので、注意して行いましょう。

ケーキに付いてくるような小さい保冷剤と使うと、扱いやすいです。

 

アトピーケア ⑥ 爪を清潔にして伸ばさない

アトピーの方は、どうしてもかいてしまいます。

普段我慢していても、寝ている時等は歯止めが効かなくなるので、かいている事も多いでしょう。

極力アトピーに負担をかけない為に、爪を短くして清潔にするようにしましょう。

手を洗う際には、爪の中も重点的に洗うようにしましょう。

寝る時は手袋を履いて寝ると、いざかいてしまってもアトピーへの負担を最小限に留める事が出来ます。

薄手の綿の手袋ですと、アトピー肌に余計な負担をかけずに済むのでオススメです。

 

アトピーケア ⑦ ストレスを溜めない

アトピーの方なら誰でも経験があると思いますが、何かに夢中になっていると、かゆみを感じないと思いませんか。

逆に、イライラしたりボーっとしていると、かゆみが異常に気になる事があります。

その関係性は、あるようです。

 

イライラしない為に、ストレスを溜めないようにしましょう。

自分の私欲の時間を大事にし没頭すると、かゆみが気にならなくなります。

1つの事に没頭できる物を見つけて、自分の時間を大切にしてみましょう。

 

アトピーケア ⑧ アトピーを引き越す食べ物を避けよう

アトピーでお医者さんにかかった事がある方は聞いた事あると思いますが、アレルギーを引き起こしてしまう食べ物があります。

これらは、アトピー肌に何らかの影響を与えている場合がありますので、極力避けるようにしましょう。

 

卵、チョコレート、チーズ、白身魚、ナッツ類、お蕎麦、バナナ等、その人によりますが、アレルギーの反応を引き起こしてしまう可能性があります。

食べるのを制限しかゆみが軽減してきたら、それらの食べ物の中の何かが反応していた証拠です。

 

その他、避けてほしいのがインスタント食品です。

添加物や着色料などの人工的な成分がタップリを含まれているので、沢山のエネルギーを使ってしまいます。

ダダでさえアトピー肌の持ち主の方はエネルギーに乏しいのに、インスタント食品に奪われてしまいますので、良くありません。

免疫力が低下して、アレルギー度が高くなってしまいます。

 

アトピーケア ⑨ アトピー肌に使ってもらいたいスキンケア

アトピー用ではありませんが、弱っている肌をケアしながらエイジングケアに導いてくれる、スキンケアをご紹介いたします。

 

新アヤナストライアルセット

 

ディセンシアのアヤナスは、弱ってしまった肌でもエイジングケアが出来るスキンケア。

弱った肌にはエイジング美容成分が効きにくい難点がありますが、その難点をケアして克服し、エイジング美容成分を浸透させてケアに繋げてくれます。

アトピーの改善にはなりませんが、アトピー肌にも負担なく使えるエイジングケアなので、オススメします。

トライアルセットが、1,480円で販売されています。

オススメなので、是非お試しで使われて効果を感じてみませんか。

 

ディセンシア アヤナス 詳しくはコチラ>>

 

まとめ アトピーは正しいケアで軽減改善に導く

いかがでしたか。

アトピーの方は諦め気味の方が多いですが、このようにケアをしていくと症状を軽くさせる事も可能です。

アトピーのままですと肌質も良くなっていかないので、美肌とは程遠くなります。

少しでもアトピーを改善し、綺麗な肌になりましょう。

 

 

-その他
-,

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.