きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

コスメ 美白

ハイドロキノンって何?ハイドロキノンを正確に知って綺麗な美白肌!

投稿日:

ハイドロキノンはどんな成分?

ここ最近、目や耳にする事が多くなった、ハイドロキノンという成分。

美白化粧品に入っている事が大半なので、美白効果に何らかのパワーがあるというのは理解できますよね。

しかし、どのような成分でどんな機能を発揮するのか、きちんと解っていない方も多いのでは。

そんなハイドロキノンに関して、一緒に学んでみましょう。

 

ハイドロキノンはシミの治療薬として使われていた万能美白成分

img59406560

出典 http://item.rakuten.co.jp/auc-croutonhouse/0570-6001/

 

美白化粧品といえば、シミを予防したり日焼けを予防する等の効果を期待しますよね。

美肌には欠かせないビタミンCやプラセンタ等も、シミ等の色ムラ予防を発揮してくれます。

しかし、その2つの成分より物凄い美白パワーを持っているのが、ハイドロキノンです。

なんと、ビタミンCやブラセンタと比べ、10~100倍もの美白効果があると言われています。

ビタミンCやプラセンタはシミの予防効果を発揮してくれますが、ハイドロキノンはシミの予防効果だけではなく皮膚に沈着してしまったメラニン色素にまで働きかけてくれる優れものです。

予防と既に存在しているメラニン色素にまで力を発揮してくれるので、ハイドロキノンの美白パワーは最強と言えます。

 

美容通の間では、ハイドロキノンの事を「肌の漂白剤」と命名しているそうです。

この言葉を聞くだけで、美白へと導いてくれるというのは理解できますよね。

 

ハイドロキノンの大きなメリットは

 

・圧倒的な美白パワー!

シミの対策をはじめ、昔に出来てしまった色素沈着にも効果を発揮してくれる、スーパー美白パワーです。漂白効果がとても高いと言われており、確実に答えてくれます。

 

・美容外科のレーザー治療が不要に!

シミを消す為には美容外科でレーザー治療をするというのは昔のパターンでしたが、ハイドロキノンのパワーにより、スキンケアだけでシミ悩みを消す事が可能になったと言われています。

 

ハイドロキノン化粧品はそれぞれ濃度が違う

 xf1435018092l-300x225

出典 http://www.sumahito.com/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%96%B9%E6%B3%95-2-87

 

ハイドロキノンは、以前は医薬機関でしか扱う事の出来なかった成分です。

しかし、2001年薬事法が改正され、手軽に入手できるようになりました。

スキンケアにハイドロキノン配合のスキンケアが出来たので、家に居ながらハイドロキノンの効果を感じる事ができるようになりました。

 

薬事法で規制されていたほど、ハイドロキノンは強い成分です。

その為、我々が素人判断でスキンケアとして取り入れる時に注意したいのが、ハイドロキノンの配合量です。

 

一般のハイドロキノン配合スキンケアに配合されているハイドロキノンの量は、1~5%程度です。

一見数字が小さく思えますが、強いパワーの成分なので、少しの量でも注意しなければなりません。

 

ハイドロキノンの2つの配合種類をご紹介します。

 

・ハイドロキノン1~3%

刺激が少ない量なので、一般的に安全性が高いと言われている量です。即効性や効果は多少低いですが、敏感肌等の肌の弱い方でしたらこの少しの量でも刺激を感じる事がありますので、この程度の微量のハイドロキノンでも注意して使うようにしましょう。

 

・ハイドロキノン4~5%

先程の1~3%に比べ、濃度が高いです。一般肌の方でも付けると肌のピリピリさを感じる事があります。もちろん、肌の弱い方にはオススメ出来ません。健康な肌の方でも、必ず事前にパッチテストを行い、肌に余計な負担をかけないかチェックをした上で、使うようにしましょう。

 

ハイドロキノン化粧品を使う際の注意点

resize

出典 http://pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/24_251_250/products_id/301508

 

ハイドロキノンは成分が強いので、お使いの際は注意しなければいけないポイントがあります。

 

・ハイドロキノン化粧品を付けて外に出る場合

ハイドロキノン化粧品を肌に付けている時は、紫外線の影響を受けやすい肌質となっております。ハイドロキノン化粧品を付けて外出する場合は、必ず日焼け止めでUVケアをし、紫外線をシャットアウトしましょう。

 

・ハイドロキノン化粧品の保管に注意

ハイドロキノンは、酸化しやすい成分です。化粧品の開封後は、出来るだけ冷暗所に保管しましょう。1ヶ月程度で使い切るのが、目安です。もし1ヶ月経過しても残っている場合は、思い切って廃棄しましょう。酸化してしまったハイドロキノンは肌に刺激を与える可能性が高いので、絶対に使わないようにしましょう。

 

・間違った使い方をしない

以前どこかの美白化粧品で問題になった、白斑が出来てしまう事。この症状は、ハイドロキノン化粧品の間違った使い方により、作ってしまう恐ろしい物です。使用の際は、必ずシミ等の色ムラが気になる場所のみに付け、顔全体に付けるなんていう間違った方法は絶対に避けるようにしましょう。あの白斑事件のように、最悪な状態にしてしまう事がありますので、使い方はとても重要です。

 

ハイドロキノン化粧品のオススメをご紹介 

ハイドロキノン化粧品でオススメしたい商品は、ビーグレンのQuSomeホワイトです。

独自の漂白漂泊成分QuSome化ハイドロキノン配合で、目標とする箇所までしっかりと美白成分を浸透させます。

最大で10倍の浸透量があり、効果が表れる時間を半分に短縮した、美白にとても頼もしい美白化粧品。

濃くなったメラニンを、薄く目立たない明るい肌へと導きます。

94%の方が実感した、使われた方に大変好評な美白パワー。

納得できなかったら、365日間返金いつでも返金に応じてくれます。

逆に言うと、それだけスキンケアに自信がある証拠です。

その確かな美白パワーを、トライアルで試してみませんか。

QuSomeホワイトエッセンス、QuSomeホワイトクリーム1.9、QuSomeモイスチャーリッチクリームのトライアルタイプの3セットで、1,944円(税込)です。

お手軽に始められるので、肌に優しいハイドロキノンパワー、実感してみてください。

 

-コスメ, 美白
-

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.