きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

アンチエイジング ダイエット

美容とアンチエイジング効果あり!ローフードダイエット7つのポイント

投稿日:

ローフードダイエットで体も肌も若返り!

 

体調がしっくりこない…どことなく体がむくんでいる...肌の調子がイマイチ等、体の変化が気になる時ってありますよね。

そんな時は、1度体内をリセットさせる事が大事です。

それを叶えてくれるのが、ローフードダイエットです。

あまり聞き慣れないダイエット法ですが、明らかに体内の余分な物を排出へと導いてくれます。

 

ローフードダイエット ① ローフードダイエットとは

 

20131009145256a53

出典  http://blog-imgs-60.fc2.com/d/e/m/demmy0929/20131009145256a53.jpg

 

ローフードとは、英語でraw foodと書きます。

加工されていない、生の食材を用いた食品、または食材を生で摂取する生活の事を指します。

食物自体が持つ栄養素をそのまま摂取する事が目的で、加熱しない生の状態の食べ物か、48度以下で調理をした食材の事を、ローフードと言います。

 

加熱せず食べる事にどんな意味があるのかというと、生の食べ物には酵素が豊富に含まれています。

加熱していない野菜や果物、ナッツ類を摂取する事で、体が酵素を作り出すエネルギーを最小限に抑える事が出来ます。

そのエネルギーを、体内のデトックスや代謝を上げる為に使う事が出来るようになるので、それが脂肪燃焼に繋がり、ダイエットに導くという理論となります。

 

ローフードダイエット ② ローフードダイエットのメリット

 

f5e185b2ee0b7b5234c0627dfe5cb9a8daa34283.52.2.3.2

出典  http://matome.naver.jp/odai/2139256014601463601

 

・カロリーを気にせず食べられる

生の食材を、量やカロリーを気にせずたっぷり食べられます。サラダやフルーツ等、女性が好きな物ばかり、お腹いっぱい食べてもOKです。

 

・空腹によるストレスが無い

お腹いっぱい食べられるので、食に対するストレスがありません。食のストレスは、ダイエットの代表と言える物ですが、このダイエットにはそれが無いので、気持ちよくダイエットに取り組む事が出来ます。

 

・あらゆる健康が立証されている

体脂肪や中性脂肪値、悪玉コレステロールが大幅に減少するので、健康的にダイエットをする事が出来ます。更に、血中の抗酸化ビタミンの増加、免疫が上がるとも言われており、ドンドン健康になる事が出来ます。

 

・生の食材が若々しさを引き出す

食材を生若しくは生に近い状態で食べるので、素材の栄養その物をそのまま摂取する事が出来ます。むくみが改善し、疲れにくい体になる事が出来ます。アンチエイジング効果が大きく発揮されます。

 

ローフードダイエット ③ ローフードダイエットを週末に実践してみよう

 

5314d477e26cde807e939ae0da5f9e3b5fcc8fc8.400x0.none

出典  http://matome.naver.jp/odai/2139256014601463601

 

ローフードダイエットは、毎日やるのではなく、週末のみに行いましょう。

金、土、日曜日の3日間で行うのが理想的です。

内容は、そう極端な内容ではありません。

無理をせずに、自分の出来る範囲でローフードダイエットをしましょう。

 

ローフードダイエット ④ ローフードダイエット 朝食

 

ローフードダイエットを始める為には、朝食はフレッシュジュースやシリアルが適しています。

野菜や果物で作った、フレッシュジュースを飲みましょう。

フルーツとヨーグルトを摂取するのも、とても適しています。

リンゴやバナナ等、手頃で手に入る物でOK。

そのまま食べるのが面倒な場合は、フレッシュジュースにすると良いですよ。

 

ローフードダイエット ⑤ ローフードダイエット 昼食

 

サラダをたっぷり食べましょう。

野菜だけじゃなく、納豆やお豆腐、切り干し大根、わかめ等を入れると、満足感が高まるので良いですよ。

 

炭水化物を食べたい場合は、炭水化物に必ず野菜をプラスしましょう。

ご飯やパスタなどの炭水化物を単品で食べるのではなく、必ず野菜を1品だけでも加える事で、ローフードダイエットに繋げる事が出来ます。

出来れば量を、炭水化物より野菜をメインにしましょう。

 

野菜サラダが適していますが、ドレッシングは市販の物でOKです。

出来れば、保存料や塩分が低い物を選んで使いましょう。

自分でドレッシングを作る場合は、オリーブオイルやバルサミコ酢、ブラックペッパー、塩、レモン汁、セサミオイル等を入れると、味が締まりますよ。

味にパンチを効かせたい場合は、生姜やニンニクを入れると、野菜サラダも満足な味になりますよ。

 

ローフードダイエット ⑥ ローフードダイエット 夜食

 

夕食も、サラダを中心にたっぷりと食べます。

朝も昼も夜もサラダ...となると、体が冷える!と思うかもしれません。

そういう場合は、野菜を加熱して摂取しましょう。

油は使わず、茹でたり蒸したり等をして、生野菜に加えたり、熱を加えた野菜だけを摂取したりと、バリエーションを変えてみると良いでしょう。

 

夕飯は、プラスしてタンパク質を摂取しましょう。

お肉やお魚から、タンパク質を摂取します。

基本的に加熱した物で良いですが、なるべくお肉はたたき、お魚はお刺身で摂取するのが理想です。

アボカドは栄養価が高いので取り入れて、カルパッチョにして食べると良いですよ。

 

ローフードダイエットで気を付けなければならないのが、栄養障害です。

ダイエットは「極端に痩せたい!」と思う人ばかりなので、ついつい栄養不足に陥ってしまいます。

しかしそれでは、体に負担がかかって体調不良にしてしまい、リバウンドにもつなげてしまいます。

野菜やタンパク質のバランスをきちんと取り、栄養不足を解消しましょう。

 

ローフードダイエット ⑦ アンチエイジング効果大!

 

・新陳代謝が活発に

代謝が良くなるので、全身のむくみが取れていきます。ボディラインやフェイスラインがシュッとしてくるので、一回り小さくなりますよ。

 

・老廃物が排出

溜まってしまった老廃物がどんどん排出されていくので、必要な栄養素がどんどん吸収され、体が元気になっていきます。体や肌が元気になっていくので、アイチエイジングに結び付ける事が出来ます。

 

・内臓の負担を軽くさせる

加熱していない食べ物を多く摂取するので、消化器への負担を少なくさせる事が出来ます。内臓に休息を与える事が出来るので、疲れ切ってしまった内臓をケアする事が出来ます。胃や腸を綺麗にする事が出来ますよ。結果、毒素が上手く排出されるようになります。

 

まとめ ローフードダイエットは体の様々な部分を若返らせる

 

いかがでしたか。

ローフードダイエットは、ダイエットに導くだけじゃなく、アンチエイジングにも効果を大きく発揮してくれます。

体内を浄化させ、毒素を排出させる事が出来るので、健康になり美肌にもなります。

毎日やらず週末の3日間のみのダイエットなので、意外と出来ちゃう部分も大きなメリットです。

意外と、どなたでもチャレンジできますよ。

ダイエットと体の2つの為に、是非試してみませんか。

 

 

 

 

 

-アンチエイジング, ダイエット
-

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.