きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

アンチエイジング 美肌

顔のたるみ改善!9つのケアで引き締まった若くて綺麗な顔造り!

投稿日:2015年9月11日 更新日:

顔のたるみ直したい!

1度なってしまうと、どんどん進んでしまう顔のたるみ…

酷くなるとブルドックのようになってしまい、カッコ悪いですよね…

美容外科で綺麗にする事は簡単ですが、出来れば自己ケアで改善するべきです。

簡単な自己ケアから、顔のたるみは目立たなくさせる事ができます。

コツコツケアして、顔のたるみ無くしましょう。

 

 

たるみケア その1 血行の改善

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-hotel_yubune20150221103906-thumb-1000xauto-14691

 

血行が良くないと、たるみが悪化してしまいます。

 

・肩や首のコリをほぐす

定期的に肩や首を回したり、揉んだりして血行を良くしましょう。特にパソコンを使っている人は凝りやすいので、1日1回はほぐすよう心がけましょう。

 

・体を温める

湯船に浸かったり体を温かくして、血行を良くしましょう。シャワーだけでは、体は温まりません。

 

・血行促進食べ物を摂取しよう

唐辛子、ショウガ、ニンニクなど、血行を良くする食べ物を積極的に摂取しましょう。

 

 

たるみケア その2 顔のマッサージ

 

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-AI_IMG_7767-thumb-1000xauto-12529

 

マッサージをすると、使わずに固まってしまった顔の筋肉が柔らかくなるので、たるみが軽減されます。

マッサージクリーム(普通の顔に付けるクリームで良い)を付けて、優しく触れる様にマッサージを行いましょう。指の腹を使って、優しく顔全体をマッサージします。マッサージをして痛いと思う部分は、特に念入りにマッサージをしましょう。

 

 

たるみケア その3 顔のストレッチ体操

gf1420432572

 

 

顔の筋肉を動かすと、顔の筋肉がギュッと引き締まります。顔の多数の血管が刺激されるので、血流が促され顔の代謝が活発になります。

 

・目をギュッと閉じたり開いたり

・眉毛を上げたり下げたり

・口をすぼめて「おー」の形を作る

・上を向きながら舌を前に出来るだけ出す

・大きく「あ・い・う・え・お」と言う

 

たったこれだけでも、物凄い顔の筋肉のエクササイズになります。

口は、あまり極端に動かし過ぎるとアゴが外れてしまう事がありますので、注意しておこないましょう。

 

 

たるみケア その4 紫外線対策

Dollarphotoclub_65113011-e1423556041355

 

 

紫外線に当たると、コラーゲンとエラスチンが壊れてしまい、肌の弾力がどんどん低下してしまいます。

外にばかり居るお仕事の方は、顔のたるみが目立つ方が非常に多いですが、その理由は紫外線による影響です。

外に出る時は、必ず紫外線対策をしてお出かけしましょう。

 

一般的な通勤通学お出かけ程度であれば、SPF20~30程度の日焼け止めでOKです。

あまり強い日焼け止めは肌に余計な負担をかけてしまうので、その程度のSPFの日焼け止めを使うようにしましょう。

特に出っ張っている部分には、特に多めに付けるようにしましょう。

汗をかいた時は、重ね塗りも忘れないようにしましょう。

 

 

たるみケア その5 ホルモンバランスの崩れ

1409103top

 

 

女性ホルモンが少なくなってしまうと。体の生理的なバランスが崩れてしまいます。

女性ホルモンが減って男性ホルモンが多くなると、顔のたるみを発生させてしまいます。

女性ホルモンを高める為、以下の事を注意して生活してみましょう。

 

・大豆製品やキャベツを摂取する

大豆製品やキャベツには、女性ホルモンと似たような作用をする成分が入っています。女性ホルモンを高める事ができますので、是非摂取してみましょう。

 

・黒い食材

黒ゴマ、黒豆、こんにゃくなどの黒い食べ物にも、女性ホルモンを整える効果があります。

 

・質の良い睡眠を取ろう

寝る時間が0時以降、朝起きれない...こんな生活では、女性ホルモンが激減してしまいます。22時~2時のゴールデンタイムは熟睡を心がけましょう。

 

・夜遅くに食事をしない

20時以降に食事をしてしまうと、老化が進んでしまいます。体内に余計なカロリー等の成分が蓄積してしまい、顔のたるみに繋げてしまいます。遅い時間に食事をしなければいけない場合は、お腹に溜まらない物を選ぶようにしましょう。でも、極力20時以降は避けるよう努力をしましょう。

 

 

たるみケア その6 痩せる

 fa1818b7b13e15005b4f6e06379289c2

 

太っている人程、顔には脂肪があります。

その為、ブルドックのようなたるんだ顔になってしまいがちです。

少しずつ痩せる努力をして、たるみにくい顔を作りましょう。

 

 

たるみケア その7 コラーゲンを摂取しよう

140601_4137_0692_333_250

 

 

顔の筋肉の衰えに対向し押し返してくれるのは、コラーゲンです。

コラーゲンは、筋肉が下に下がろうとする力に負けないよう、バネのような役割をしてくれます。

コラーゲンは、様々な刺激によりどんどん少なくなってしまいます。

また、作られにくくなってしまうので、外部から補うようにしましょう。

 

・コラーゲンが多く含まれた食べ物を食べよう

ふかひれや鶏の皮、うなぎ、すっぽんなど、コラーゲンが沢山含まれた食べ物を摂取しましょう。

 

・コラーゲンサプリメントを摂取しよう

コラーゲンサプリメントは、手軽にコラーゲンを摂取する事ができるので、食べ物での摂取が苦手な方にオススメです。

 

・コラーゲンドリンクで摂取

コラーゲンの口からの摂取は、コラーゲンドリンクが1番効果的と言われています。飲みやすいコラーゲンドリンクは沢山販売されているので、試しに飲んでみましょう。飲み易さに、病みつきになりますよ。

 

 

たるみケア その8 頭皮マッサージ

massage

 

 

頭皮は顔に繋がっている1番近いパーツなので、頭皮のたるみが顔のたるみに繋げてしまいます。

シャンプーの際に、指の腹を使って優しく丁寧に頭皮マッサージを行いましょう。

頭皮がキュッと締まってきて、顔のたるみも持ち上げられ改善していきます。

頭皮状態が良くなる事で、健康な髪の毛へ導く事も出来ますので、年齢肌が気になる方にとてもオススメです。

 

 

たるみケア その9 乾燥ケア

 新アヤナストライアルセット

 

肌がたるんでしまう原因は、肌の乾燥にあります。

年齢肌になると水分をキャッチする角質層の機能が弱まり、肌の底からうるおいを与える事ができなくなるので、乾燥肌になってしまいます。

肌が乾燥すると肌が柔軟にならなくなり、重力に引っ張られてたるみを引き起こしてしまいます。

 

顔がたるんでしまう年齢肌にオススメのスキンケアは、ディセンシアのアヤナスです。

年齢肌は乾燥肌や敏感肌が多く、それらの肌状態を改善できなければ美容成分を肌に浸透させる事ができません。

アヤナスは、敏感肌や乾燥肌を独自成分で正常化し、そこから美容成分を効かせるスキンケアです。

ヒト型ナノセラミドの力で、角質層から潤いに満ち溢れ健康的な美肌へと導きます。

肌の隅々にまで潤いなどの美容成分が行き渡るので、たるみが改善されてハリと弾力溢れる肌に導きます。

初めての方は、1,480円のトライアルがありますので、そちらから試される事をオススメします。

高い潤いと美肌になれる事、間違いないですよ。

 

 詳細はコチラから

 

まとめ 顔のたるみは日頃のケアで引き締めよう

 

 

いかがでしたか。

 

肌のたるみは、放っておくととんとん酷くなっていきます。

いわゆる、ブルドック顔になってしまいます…

そんな醜い顔にならないよう、たるみケアでリフトアップしましょう。

たるみが無くなってリフトアップするだけでも、顔つきが変わって綺麗に見せる事ができますよ。

いつまでも綺麗なお顔で居られるよう、努力をしましょう。

-アンチエイジング, 美肌
-,

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.