きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

スキンケア

唇の黒ずみどうにかしたい!   11のケアで赤ちゃん唇作ろう!

投稿日:

唇の色の悪さなんとかしたい!

口紅の色が思うように発色しないなぁ~なんて事ありませんか。

それは、唇の色が黒ずんでしまった証拠です。

何故、唇の色は黒ずんでしまうのでしょうか。

唇の色が黒ずむ原因と対処法を、まとめてみました。

綺麗なピンク色の、理想的な女性らしい唇を取り戻しましょう!

 

唇の黒ずみ ① タバコ

32dc50333c14cf80b05b134540f087b4_s

 

タバコに含まれるタールの色素が唇に付着し、唇を黒ずませてしまう事があります。

タバコの恐ろしい部分は、ビタミンCを簡単に破壊してしまう事です。

ビタミンCが少なくなると、メラニン色素の生成を防ぐ事が出来なくなるので、色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

唇の黒ずみや美容を考えるのでしたら、タバコは止めましょう。

 

唇の黒ずみ ② クレンジング不足

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_s 

唇のクレンジングがきちんと行き届かないと、色素が唇に残ってしまうので色素沈着に繋げてしまいます。

口紅の中にはタールという成分が含まれている事が大半であり、タールが紫外線の影響を受けやすくさせてしまいます。

 

口紅は、顔全体のクレンジングではきちんと落ちません。

口紅をきちんと落とす為には、専用のリムーバーを使うようにしましょう。

唇のシワの奥までしっかりと入り込み、口紅を根こそぎ取り除いてくれます。

 

また、口紅を選ぶ時は、口紅の成分をチェックしましょう。

タール色素が入っていない、天然色素の口紅を選ぶ事をオススメします。

 

唇の黒ずみ ③ 紫外線

 

紫外線は肌状態を悪くさせてしまい、唇にも同じ影響を与えてしまいます。

紫外線によりメラニン色素を与えてしまい、唇を黒ずませてしまいます。

顔だけじゃなく唇にも日焼け止めを付け、紫外線をシャットアウトしましょう。

また、UV効果のあるリップもございますので、そちらを使うと良いでしょう。

 

唇の黒ずみ ④ 唇をこするクセ

洗顔時や食事の際など、唇をゴシゴシ擦るクセがある方がいますが、唇は摩擦に非常に弱いパーツです。

唇は角質層が非常に薄く、刺激を受けやすいパーツです。

摩擦を与えて唇が肌トラブルになってしまい、炎症を起こして黒ずんでしまう事がります。

 

洗顔の際は、唇に摩擦力を極力与えないよう、洗顔フォームやリムーバーの素材を動かして洗うようにしましょう。

唇を拭き取る場合は力を極力与えず、抑える程度にしましょう。

 

唇の黒ずみ ⑤ リップクリームに頼り過ぎない

 

リップクリームは唇ケアの為の大事なアイテムですが、使い過ぎには注意しなければなりません。

リップクリームは付ける際に摩擦を与えてしまうので、何度も付ける事で摩擦ばかりを唇に与えてしまう事は、良い事とは言えません。

リップクリームの使用回数が多すぎてしまうと、結果的にカサカサ唇から抜け出せなくなる事がありますので、注意しましょう。

リップクリームの1日の使用は、5回以下に留めましょう。

 

また、夜寝る前にリップクリームを唇に塗って寝る方も多いと思いますが、これは大きな間違いです。

リップクリームには油分が多く含まれているので、唇の保水力を低下させてしまう事があります。

寝ている時は大きく呼吸をするので、リップクリームの油分が邪魔をしてしまい、かえって荒れてしまう原因としてしまう事があります。

 

唇の黒ずみ ⑥ 唇を温めよう

 

唇は皮膚がとても薄いので、唇の血液の色が透けやすく見えてしまいがちです。

血行が悪く血液が黒ずんでしまうと、そのまま唇に色として表してしまいます。

血行を良くする為に、唇を温めてみましょう。

 

スチーマーやホットタオルなどで、温めてみましょう。

血行がみるみるうちに良くなるので、唇の色が改善し唇のツヤも綺麗になります。

定期的に唇を温めてあげると、常に綺麗な唇を保つ事が出来ますのでオススメです。

 

唇の黒ずみ ⑦ 唇をマッサージしよう

 

血行不良による黒ずみの場合は、マッサージをする事で唇の血色を上げる事が出来ます。

簡単なマッサージで、唇の血行促進を行ってみましょう。

 

①唇を綺麗に洗って、リップ美容液を付けます。

②入浴後に人差指、中指、薬指の3本の指の腹を使い、軽く指でタッピングします。

 

リップ美容液を事前に付ける理由は、唇に余計な摩擦力を与えない為です。

あまり強く刺激を与えるのではなく、あくまで適度な刺激を与える事がポイントです。

 

唇の黒ずみ ⑧ 唇パックを使ってみよう

 

唇を綺麗にする為には、保湿ケアも重要となります。

そこでオススメしたいのが、唇パックです。

想像以上の保湿を唇に与えてくれますので、オススメです。

 

また、唇パックのようなケアを他で代用したい場合は、リップクリームを塗ってサランラップを貼ると、唇パックと同じ効果を発揮してくれます。

 

唇の黒ずみ ⑨ 唇スクラブで角質を取り除く

 

唇は、古い角質が残りやすいパーツです。

洗顔やクレンジング等で綺麗に取り除いているつもりが、取りきれていない古い角質がごっそり居座っています。

唇にスクラブって刺激が...と思われるかもしれませんが、唇に刺激が少ないスクラブがございますので、そちらを使ってみましょう。

優しく丁寧にスクラブをし、優しくマッサージをしながらすすいであげる事がコツです。

唇自体が綺麗になって血行も促進されるので、色ツヤの良い綺麗な唇へ導いてくれます。

 

唇の黒ずみ ⑩ 皮膚科レーザーでも解消可能

 

セルフケアを行っても改善しない場合は、皮膚科のレーザーで唇の黒ずみを改善させる事が出来ます。

1回のレーザーでは無理ですが、数回レーザーを唇に与える事で黒ずみが解消されます。

確実な効果が欲しい方は、皮膚科でご相談してみる事をオススメします。

また、場合によっては病気による影響もあり、それを皮膚科で見抜いてくれる場合もございます。

 

唇の黒ずみ ⑪ 唇の黒ずみに使ってほしいスキンケア

 saeru

唇の黒ずみに使ってほしいおすすめのスキンケアは、ディセンシアのサエルです。

敏感肌メーカーのディセンシアが作った、美白化粧品です。

クリビルが黒ずんでしまう年代は、敏感肌や弱りきってしまった肌が殆どなので、そのような肌でも美白効果を得る事が出来るスキンケアなので、オススメです。

敏感肌状態をケアして正常に戻し、そこから美白効果を発揮してくれる事で効果を高める事が出来ます。

肌に優しい美白化粧品なので、唇の様なデリケートパーツにも安心です。

顔のスキンケアの際に、唇にもたっぷり与えてあげましょう。

1,480円のトライアルがございますので、初めてで試してみたい方にはオススメですよ。

 → 詳細はこちらをクリック

まとめ 誰もがうらやむキレイな唇に!

 

いかがでしたか。

唇が黒ずんでしまうと口紅の発色が悪くなってしまい、思い通りに行かなくなりとても厄介ですよね。

今回ご紹介した唇ケアで、若い頃の愛らしい唇を取り戻しましょう。

口紅の色も、明るい色を選ぶ事が出来るようになりますよ。

-スキンケア,

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.