きれいは自分で作る スキンケアガイド

スキンケアガイド

保湿 美肌

乾燥肌シャットアウト!うる肌を手に入れる10のポイント!

投稿日:2015年9月11日 更新日:

年中うるおうウルウル肌欲しい!

肌をウルウル美肌にする為に、スキンケア頑張っていますよね。

でも、頑張っている割には、理想的なウルウル肌になれていない方も多いのでは。

スキンケアをほんのちょっと変えるだけで、驚くようなウルウル肌になる事が出来ますよ。

ウルウル美肌になれるケア、さっそくチェックしてみましょう。

 

ウルウル肌ケア ① クレンジングを綺麗に行う

142762

肌の上に不純物があると、化粧水が浸透しにくいので保湿を低下させてしまいます。

丁寧にクレンジングをし、肌上の不純物を無くしましょう。

綺麗にメイク落としをする為には、以下のポイントが大事となります。

 

・クレンジングを人肌に温める

クレンジング材が冷えていると、メイクや皮脂が落ちるまで時間がかかってしまいます。メイク汚れを残してしまったり、メイク落としの際の摩擦が肌負担になり、肌質を低下させてしまいます。クレンジング材は1度手の平に乗せて、人肌に温めてから使いましょう。

 

・クレンジングの素材を動かすようにメイク落とし

クレンジングを行う際は、指や手を肌に摩擦させてメイク落としを行うと、物凄い肌負担を与えてしまいます。クレンジングは少し多めに肌に乗せて、クレンジングの素材を動かすようにメイク落としを行いましょう。

 

・ぬるま湯で洗い流す

皮脂が溶けるのは32℃程度の温度なので、32℃前後のぬるま湯で洗い流しましょう。熱過ぎるお湯は肌に負担をかけ、冷たすぎる水は汚れを落としきる事が出来ないので、オススメ出来ません。クレンジングが肌に残らないように、最低30回は洗い流して綺麗にしましょう。

 

ウルウル肌ケア ② 化粧水の量をたっぷり

215455 

化粧水の量、タップリ付けていますか。

化粧水は、肌に浸透するようにたっぷりの量を使いましょう。

1回付けでは、肌に浸透する量より蒸発してしまう量の方が多くなる可能性があります。

最低、2回付けや3回付けが理想です。

1回に沢山の化粧水を付けるのではなく、少量ずつ回数を重ねる事が理想的です。

肌に付けながら、肌のモチモチ度を確認し水分補給を行いましょう。

 

ウルウル肌ケア ③ 温かい環境で化粧水を付ける

123778 

肌が冷えると血管が委縮してしまい肌細胞の動きが悪くなってしまうので、化粧水の浸透が悪くなります。

化粧水を付ける際は、以下の温かさに気を付けましょう。

 

・暖かい空間で化粧水を付ける

寒い季節は、ストーブやエアコン等で空間を暖めてから、化粧水を付けるようにしましょう。

 

・暖かい手で化粧水を付ける

手が冷たいと、化粧水が冷たくなってしまいます。冷え性などの手が冷たい方は、お湯に手を付けて暖めた手で化粧水を付けましょう。

 

・化粧水を人肌に温める

化粧水は、1度手の平に乗せて人肌の温度に温めてから、肌に付けましょう。1分ほど乗せると、人肌に温まりますよ。

 

面倒に思えるかもしれませんが、これらの温かい効果は化粧水の浸透力を変えてくれるので、オススメです。

 

ウルウル肌ケア ④ 化粧水のパッティングは行わない

化粧水を肌にたっぷり浸透させたく、パッチパチにパッティングをして付ける方がいらっしゃいます。

パッティングは、肌の表面を傷つけてしまうので良くありません。

肌の表面に傷が付くと、肌のバリア機能が低下してしまいます。

たっぷり入れ込んだ化粧水の保湿も、バリア機能が弱いせいで簡単に逃げてしまいます。

化粧水を付ける際は、あくまで優しく肌を扱うようにしましょう。

 

ウルウル肌ケア ⑤ 化粧水後のハンドプレス

化粧水を馴染ませたら、両手で顔を覆うようにハンドプレスしましょう。

ハンドプレスをすると、顔全体に化粧水をまんべんなく馴染ませる事が出来、浸透力も高める事が出来ます。

手の平の人肌パワーで、浸透力を高める事も出来ます。

優しく包み込むように、丁寧にハンドプレスをしましょう。

 

ウルウル肌ケア ⑥ ピーリングで余計な物を取り除く

古くなった角質が肌に残っていると、化粧水の浸透を妨げてしまいます。

いくら化粧水を付けても浸透しないので、ウルウル肌になる事が出来ません。

ピーリングで余分な角質を取り除き、浸透力を高めましょう。

 

市販のピーリングで良いので、週1回ケアしましょう。

回数を増やしてしまうと肌トラブルに繋がるので、週1程度に留めましょう。

 

ピーリングは摩擦ケアなので、指等が当たらないようにピーリングの素材を多めに肌に乗せて、ピーリング自体を動かすようにケアしましょう。

 

ウルウル肌ケア ⑦ 乳液を先に付けてみよう

スキンケアの順番は、化粧水の次に乳液を使う事が定番です。

乳液の肌ふっくら効果を利用し、化粧水の前に乳液を付けてみましょう。

乳液で肌をふっくらさせる事で、潤いの浸透力を高める事が出来ます。

洗顔後、肌全体に乳液を馴染ませてから、化粧水を付けてみましょう。

特に、乾燥時期にこの方法を行うと、大きな違いを感じる事が出来ますよ。

 

ウルウル肌ケア ⑧ 湯船で保湿クリームケア

湯気のこもったお風呂場で保湿クリームを付けたまま湯船に浸かり、汗をかくまで入浴します。

そのままの状態で頭や体を洗って、最後に保湿クリームを洗い流しましょう。

保湿クリームとスチーム効果で、毛穴がキュッと引き締まって肌のキメが整います。

もちもちのウルウル肌になりますので、オススメです。

 

ウルウル肌ケア ⑨ 血行を良くしよう

女性は特に冷え性の方が多いので、血行不良の方が多い傾向があります。

血行不良になると肌のターンオーバーが乱れてしまうので、化粧水の浸透力が低下してしまいます。

血行不良を改善する為に、以下の習慣を改善しましょう。

 

・湯船に浸かる

・半身浴を行う

・薄着をしない

・温かい食べ物を口にする

・冷たい飲み物を口にしない

・水を常温に戻して口にする

・辛い物で体を温める

・運動をする

 

35℃程度の体温の方は、1℃上げるだけで血行が良くなりますよ。

 

ウルウル肌ケア ⑩ ウルウル肌を作るオススメスキンケア

新アヤナストライアルセット

 

ウルウル肌に導く高保湿スキンケアのおすすめは、ディセンシアのアヤナスです。

コラーゲンの生成を助けてくれる、CVアルギネートを配合。

ヒト型ナノセラミド配合で、肌の底からプルプルウルウルへと導く事が出来ます。

アヤナスは、敏感肌や乾燥肌等の肌質が良くない肌でも美容ケアが出来るスキンケアですので、肌質に自信が無い方でも効果を感じる事が出来ます。

独自のヴァイタサイクルヴェールが敏感肌をケアし、肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。

バリア機能を高めて、外的刺激から肌を守って水分蒸発を防ぎます。

ダメージのある肌を徹底的にケアし、美肌作りのサポートをしてくれます。

ハリや弾力を実感する事が出来、若々しいウル肌を手に入れる事が出来ます。

アヤナスのお試しは、送料無料で1,480円のトライアルセットがありますので、試してみたい方にはオススメですよ。

 

アヤナス 詳しくはコチラ>>

 

まとめ ウルウル肌を徹底的に作ろう!

いかがでしたか。

 

肌質が衰えてウル肌とは程遠くなってしまった肌は、ちょっとしたケアの変化を付けるだけでも肌質改善に導く事が出来ます。

自分の努力次第で、女性らしいウル肌を手に入れる事が出来ますよ。

ウル肌にするだけで、美肌に見せる事が出来ます。

女性なら、ウル肌で居る事が当たり前にしましょう。

-保湿, 美肌
-, ,

Copyright© スキンケアガイド , 2017 AllRights Reserved.